仕事オフ日のプライベートでも乗りたい! 乗用車をしのぐ魅惑の商用車3選

コラム WEB CARTOP

ワンメイクレースで使用されるモデルも!

 働く人を支える相棒として昼夜を問わず走り回ってくれる商用車。そのラインアップはトラックやバンなどが中心で、まさに働くために生まれてきたクルマたちだが、中には普段乗りにも使いたくなるような魅力的な車種も存在している。今回はそんな魅力的な商用車をご紹介したい。

1)トヨタ・ハイエース

 言わずと知れたキングオブワンボックス、ハイエース。そのスクエアなボディは、荷室の積載量や見切りの良さからくる運転のしやすさだけではなく、カスタマイズやドレスアップのベースとしても大人気なのは言うまでもない。また、広大な室内空間もカスタマイズの格好の素材で、バイクや自転車などのトランポにしたり、車中泊のできるキャンパーにしたりと可能性は無限大となっている。また、トヨタクオリティで作られたハイエースはとても丈夫で、10万km程度ではまったくへこたれない耐久性も魅力のひとつ。それだけに、盗難の標的になってしまうのは辛い部分ではあるが……。

2)ダイハツ・ミラバン

 じつは今年の3月一杯でラインアップから消えてしまったミラ。38年にもおよぶ長い歴史に一旦終止符を打った格好だが(ミライースは現存しているが)、そのなかでも最終型の商用車モデルであるミラバンは、同クラスのライバルとは違うスペシャルな1台だった。その違いとはボディで、なんと専用の3ドアボディだったのだ。軽量かつ、剛性の高い3ドアボディを纏ったことで走り系のカスタムベースに使われることもあり、4ナンバーの軽自動車だから維持費も安い。そんなわけで遊びグルマとして隠れた人気車種なのである。

3)トヨタ・プロボックスバン

 昼間の首都高で最速なのは、納期に追われたサラリーマンの乗るプロボックス……なんてことが囁かれるほどカッ飛びまくっているトヨタのプロボックス。しかし、そのポテンシャルは実際に高く、前期型であればMTの設定もあり、ヴィッツなどのチューニングパーツが流用できることもあって、プロボックス/サクシードのワンメイクレースが行われるほどなのである。

 一方、商用バンとしての広い荷室は、大人の男性が足を延ばして横になれるほどのスペースがあり、思いっきり実用重視に振られた内装なども相まってアウトドアレジャーを楽しむ人の足としても選ばれているのだ。

  • 商用車
  • 商用車
  • 商用車
  • 商用車
  • 商用車
  • 商用車
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ