キャンプにも行けるアクティブな仕様も! 最新福祉車両がズラリ並んだバリアフリー2018

業界 WEB CARTOP

ますます快適さなどが高まる福祉車両は注目を集めた

福祉・介護イベント「バリアフリー2018」が4月19日から21日まで大阪・インテックス大阪で行われた。自動車メーカーからはトヨタ、ホンダ、日産、ダイハツ、スズキのが出展。各社こだわりのクルマが展示されていた。

・トヨタ

アクアやヴォクシー、エスクァイアといった車種で福祉介護車両モデルを展示。とくにヴォクシーには「電動ウェルチェア」と「ワンタッチ固定装置」を組み合わせたことで、車いすを乗り降りさせる際の負担を大幅に軽減している。

・ホンダ

ホンダの売れ行きナンバーワン車種、N-BOXにスロープ車が初公開されたことはすでにリポートしたが、そのほかフリードやステップワゴン、コンパクトカーのフィットの福祉車両もブースには並び、来場者へアピールした。

ミドルクラスミニバンのステップワゴンは、3列目乗車タイプはシートを床下に収納できるため、車いすの方の目線が通常シートに座る方と大きく変わらない。そのため景色を楽しむことができ、会話も気軽に楽しめる仕様となっている。また、フリードは5名乗車時も車いすの方が乗ることができ、6人で移動することが可能だ。

・日産

ノートe-POWERやエクストレイル、セレナe-POWERといった車種を持ち込んだ日産の注目は、同社の新ブランド「オーテック」だろう。福祉車両とは思えぬカラーリングに、ダートタイヤを履かせることでアクティブさを演出。思わず出かけたくなるような雰囲気は会場でも人気の1台だった。

・ダイハツ

トヨタのすぐ隣で展示を行っていたダイハツは、タントやハイゼット、アトレーといったユーザー満足度の高い、日常でも見かけるモデルが展示された。

・スズキ

ホンダN-BOXのライバルとして注目の新型スペーシアをはじめ、キャリィ、ワゴンR、さらにはセニアカーをアピール。スペーシアは広い室内空間を活かし、車いすの方でも不快にならない広さを兼ね備えていた。会場では展示のみとなっていたが、実際に使用される方のために試乗など行ってほしいという声も聞こえる。モーターショーのような華やかなコンセプトカーが並ぶショーもよいが、福祉介護車両のイベントにもぜひ1度は訪れていただきたい。

  • バリアフリー2018
  • バリアフリー2018
  • バリアフリー2018
  • バリアフリー2018
  • バリアフリー2018
  • バリアフリー2018
  • バリアフリー2018
  • バリアフリー2018
  • バリアフリー2018
  • バリアフリー2018
  • バリアフリー2018
  • バリアフリー2018
  • バリアフリー2018
  • バリアフリー2018
  • バリアフリー2018
  • バリアフリー2018
  • バリアフリー2018
  • バリアフリー2018
  • バリアフリー2018
  • バリアフリー2018
  • バリアフリー2018
  • バリアフリー2018
  • バリアフリー2018
  • バリアフリー2018
  • バリアフリー2018
  • バリアフリー2018
  • バリアフリー2018
  • バリアフリー2018
  • バリアフリー2018
  • バリアフリー2018
  • バリアフリー2018
  • バリアフリー2018
  • バリアフリー2018
  • バリアフリー2018
  • バリアフリー2018
  • バリアフリー2018
  • バリアフリー2018
  • バリアフリー2018
  • バリアフリー2018
  • バリアフリー2018
  • バリアフリー2018
  • バリアフリー2018
  • バリアフリー2018
  • バリアフリー2018
  • バリアフリー2018
  • バリアフリー2018
  • バリアフリー2018
  • バリアフリー2018
  • バリアフリー2018
  • バリアフリー2018
  • バリアフリー2018
  • バリアフリー2018
  • バリアフリー2018
  • バリアフリー2018
  • バリアフリー2018
  • バリアフリー2018
  • バリアフリー2018
  • バリアフリー2018
  • バリアフリー2018
  • バリアフリー2018
  • バリアフリー2018
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ