三菱i-MiEVが改良! 全長が伸びて軽自動車から普通車に

業界 WEB CARTOP

グレードはバッテリー容量の大きなグレードのみに整理された

 三菱自動車は、電気自動車「i-MiEV(アイ・ミーブ)」を一部改良し、4月19日(木)より販売を開始した。車両本体価格は294万8400円。

 i-MiEVは2009年7月に販売を開始した世界初の量産電気自動車だ。RR駆動の軽自動車「i(アイ)」をベースに電気自動車化したモデルであり、100%電気で走り、走行中CO2を含めた排出ガスを全く発生しない”ゼロエミッション車”である。残念ながらすでにガソリンモデルの「i」は販売を終了している。

 今回の改良により、エクステリアはよりスポーティに仕上げられた。フロントバンパーとリヤバンパーが変更され、張りのある前後フェンダーにより地面をしっかりと捉えるような雰囲気(ロードハギング感)を醸し出している。そして、フロントバンパーの形状変更に伴い、全長が3,480mmに拡大され(先代から+85mm)、軽自動車から登録車に変更となった。

 エアロパーツであるサイドエアダムは、ボリュームのあるデザインに変更され、低重心で安定感のあるスタイリングを実現した。フロントフォグランプは標準装備となる。

 機能面では、駆動用バッテリー温度が高い状態で急速充電をした際、充電時間が長くなることを知らせる「電池高温時お知らせ機能」が追加された。

 またグレードが整理され、バッテリーの総電力量10.5kWhの「M」を廃止し、16.0kWhの「X」のみの設定となる。

 ボディカラーはスターリングシルバーメタリック、スターリングシルバーメタリック/ホワイトパールの2トーンカラー(有料色75,600円高[消費税込])の2色を新たに設定した全5色展開。モノトーン車には細部の質感を向上させるため、前後ドアサッシュにブラックアウトテープが採用される。

 そして同時に、i-MiEVをより個性的に乗るためのスペシャルデザインラッピング「MYアイ・ミーブ デザインラッピング」に新デザインが加わった。これは、ボディカラーとは異なる色のラッピングをボンネットやピラー、ルーフなどに施すことで、より個性的な見た目を実現するというもの。

 第5弾となる今回は、2トーンスタイルの「マスク」が2色と、ストライプラインの「レーサーストライプ」が3色用意され、合計5種類が用意された。さらに2トーンとストライプを組み合わせた「コンビネーション スタイル」も選択可能だ。こちらは、既存のi-MiEVユーザーや、中古車を購入した場合もラッピングができる点が嬉しい。

 また今回より、三菱自動車のウェブサイト上で、ボディカラーとラッピングの組み合わせをシミュレーションすることが可能となった。自分好みのラッピングを施すことにより、「選ぶ楽しさ」や、電気自動車をより個性的に乗る「特別感」を味わうことができるだろう。

 【デザインラッピング シミュレーションはこちら】

 http://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/i-miev/special/wrapping/

  • i-MiEV
  • i-MiEV
  • i-MiEV
  • i-MiEV
  • i-MiEV
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ