ドイツ車だけが軒並み高評価! 日本車との根本的な違いとは

コラム WEB CARTOP

こだわりを持ってクルマ本来の運動性能を追求しているため

 クルマの好き嫌いは人によってさまざまである。しかし、趣味嗜好を置いておいて“工業製品”として見ると、圧倒的にドイツ車の評価が高い。確かに筆者も「さすが!!」と思う部分はたくさんあるし、同業者のなかには「日本車はドイツ車に追いつくどころか引き離されている」と言う辛口な人もいる。

 さらに日本の自動車メーカーのエンジニアに話を聞くと「ベンチマークはドイツの●●」と言う話もよく聞く。クルマは約2万点の部品で組み立てられており、その構成は基本的にはどのクルマもそう大きく変わらない。では一体、ドイツ車は日本車と何が違うのだろうか?

 まず、根本的にクルマ作りの考え方が違う。日本車はユーザーニーズやライバルを意識しすぎるのに対して、ドイツ車はこれらを意識しつつも、まずは「自分たちが何を作りたいのか」といった点を重要視している点である。そのため、基本的にはベンチマークは存在しないそうだ。

 以前、メルセデス・ベンツのエンジニアに同じドイツ勢となるBMWについて聞いてみたことがあるが、「まったく気にしていない。BMWのようなクルマが欲しければBMWを買えばいいのでは?」と笑われたことがある。また、BMWのエンジニアに「トヨタについてどう思う?」と聞いてみると、「乗ったことがないので知らない」と(笑)。しかし、最近の隙間を埋めるラインアップ攻勢を見ていると、必ずしもそうではないような状況だと思うのだが……。

 続いて「クルマは何が重要か?」の部分が異なる。クルマは「走る/曲がる/止まる」という性能がもっとも重要であるが、日本車はいい意味でも悪い意味でも割り切ってしまうのに対し、ドイツ車はどんなモデルでも最善の努力を怠らない。

 たとえば、ドイツ車は背の高いクルマが少ないが、これは高速走行で前面投影面積が上がることで走行安定性や燃費の悪化……つまり走りの性能を気にするからだ。

 逆に日本車はそれよりも「室内幅/室内長はトップ!!」、「ラゲッジにゴルフバックが何個入るか?」など、細かい部分に非常にこだわりがあるが、ドイツ車はその部分はあまりこだわっていない。じつはこれにもロジカルな理由があり、居住性やゴルフバックを優先するとサスペンションを理想的に動かすジオメトリーやスペースが両立できないことをわかっているのである。

プラットフォームの共通化など効率のよい生産で走もよくなる

 車体剛性に関しても同様で、日本車はモデルチェンジのたびに「ボディ剛性●●%アップ」、「ねじり剛性はドイツ車よりも上」などとアピールするが、そもそもドイツ車は剛性がシッカリしている上に、剛性が必要な部分とそうでない部分があることと、その先の剛性バランスにまで注力している。剛性を上げながら軽量化も両立できるのはそれが理由だ。

 あるエンジニアによると、BMWは溶接した際の残留応力まで気にして、車体を寝かせることも。さらにスペアタイヤの収納スペースの形状も車体剛性に大きく影響するそうだ。

 サスペンションは一般的に「日本車は足の動きが渋い」と言われることが多いが、それは本当に必要な部分の剛性が足りておらず、サスペンションに本来入るはずのない余計な力が入ってしまう。結果的に動きを規制してしまったり、耐久性/信頼性にこだわりすぎてダンパー/ブッシュなどは本来よりも硬めの設定になっていることもあるそうだ。そのため、ワークス系のチューニングアイテムを装着する(ノーマルよりも耐久要件が緩い)と、逆に乗り心地がよくなってしまう逆転現象が起きてしまうのである。

 恐らく、日本のメーカーもこれらのことにすでに気が付いていると思うが、それがなかなか実現できないのは“生産”の部分の問題もあるからだ。日本のメーカーの生産ラインは「速く」、「効率的に」、「ミスなく」作る工夫が随所に行われているが、逆にそれが足枷になってしまうこともあるそうだ。そのためには根本的に生産システムを刷新させる必要があるので、そう簡単に実現できることではない。

 しかし、日本のメーカーも「仕方ない」と諦めているわけではなく、既存の生産方法のままで、同じような性能を出せるような工夫/改善を行っている最中である。トヨタの「TNGA」やスバルの「SGP」、マツダの「スカイアクティブ」などがその一例だ。

 1990年代に「日本車はドイツ車を追い越すかも」と言われる時代があったが、バブル崩壊やリーマンショックで引き離されてしまったのも事実だ。しかし、現在はその差は少しずつだが縮まり始めているし、電動化技術に関してはむしろドイツ勢を上まわっている部分も多い。

 100年に1度の自動車転換期、自動車はどのように変わっていくのか? クルマ好きのなかには「最近のクルマはつまらない」と言う人もいるが、個人的にはより面白い時代になってきていると思っている。

  • ドイツ車
  • ドイツ車
  • ドイツ車
  • ドイツ車
  • ドイツ車
  • ドイツ車
  • ドイツ車
  • ドイツ車
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ