今年も争奪戦必至! 昨年爆発ヒットの名車Tシャツが帰ってきた

業界 WEB CARTOP

1960〜’90年代に人気のあったマシンや稀少車を胸元にデザイン

 980円の低価格と高いデザイン性、そして圧倒的な品揃えがカーマニアを刺激。スカイライン系を中心に一時期入手困難となるほどの大ヒットとなった「のりものTシャツシリーズ」。2年目となる2018年は取り扱いアイテムが、昨年の「自動車と電車」から「自動車とバイク」の組み合わせへとチェンジ。商品は全24アイテムで、第1弾として4月28日に半分の12種類を発売、ゴールデンウィーク後に残り半分をリリースする2段階販売となっているのは昨年同様だ。

 デザインのモチーフとなったのは昨年好評だった’60年代〜’90年代を彩ったニッポンの名車たちで、人気のあったマシンや希少な限定車などをピックアップ。さらに今年は日産(今年は歴代GT-R、シルビア)、トヨタ(今年はスープラ、MR2)に加えて、ホンダ(NSX、インテグラ&シビックタイプR)、三菱自動車(GTO、ランサーエボリューション)、マツダ(コスモスポーツ、ロードスター、RX-7)のヒストリックカーが新たに仲間入りし、より多くのファン&カーマニアから注目を集めそうだ。

 ちなみにバイクは’80年代に起こった第2次バイクブームの主役であったRZ250 やRGγなどヤマハとスズキのレーサーレプリカマシンらが勢揃い。ラインアップを見るだけで40代後半〜還暦世代は思わず唸ることは間違いなしである。

大人が着ても様になり、ディスプレイとしても最適

 デザインも、ロゴのみではなく、車両の特徴&イメージを全体で表現。今までありそうでなかったモデル、テイストにもこだわった。イラストはリアリティさを追求しており、大人が着ても様になるのは昨年から続くこのシリーズの特徴。着るのではなくガレージハウスや部屋のディスプレイとして楽しんでいるクルマ好きもいるそうだ。

 さらに、一部商品(S13型シルビア/R34型GT−R/ハコスカGT-R/シビックタイプR)は静止状態ではなく、駆け抜ける(走っている)デザインとすることで躍動感も演出する新デザインも登場するなど、昨年よりも細かい部分までマニアックな拘りが詰まっている。

 ただ、プリントされる車種は当時人気の高かったマシン、グレードのみの設定となり、昨年のようなマニアックなオーナーを狙った”外し”がなくなったこと、子供用のTシャツがラインアップから外れ、親子で楽しめなくなくなったのは少し残念だが、このクオリティで、この価格はやはりバーゲンプライスだといえる。

「のりものシリーズTシャツ」の発売は4月9日にイオン・ダブルフォーカスのホームページ上でアナウンスがあったため、直後からSNS(ソーシャルネットワークサービス)で情報が拡散。昨年同様、人気アイテムは瞬く間に在庫切れになる可能性はあり! 確実に手に入れたいなら、今すぐ近くのイオンのダブルフォーカス売り場に足を運ぶか、下記のウエブサイトからポチっとクリックしての注文がオススメ。イオン名車Tシャツは、今年の夏もマニアを熱くさせる予感大だ。

●詳細情報

 サイズ:大人用が SS、S、M、L、LL、3Lの6サイズ

※1・SS、3Lは一部店舗のみ取り扱い。ネットショップでは全サイズ購入可能 ※2・若干サイズがタイトなのでゆったり着たい人はワンサイズ上がおすすめ

 素材:綿100%

 価格:980円(税抜き)

 販売:一部の店舗を除く全国イオンのダブルフォーカス売り場

 【詳しくはこちら】

 ダブルフォーカスショップ 公式HP http://www.aeonfashionshop.jp/d-focus/

  • 名車Tシャツ
  • 名車Tシャツ
  • 名車Tシャツ
  • 名車Tシャツ
  • 名車Tシャツ
  • 名車Tシャツ
  • 名車Tシャツ
  • 名車Tシャツ
  • 名車Tシャツ
  • 名車Tシャツ
  • 名車Tシャツ
  • 名車Tシャツ
  • 名車Tシャツ
  • 名車Tシャツ
  • 名車Tシャツ
  • 名車Tシャツ
  • 名車Tシャツ
  • 名車Tシャツ
  • 名車Tシャツ
  • 名車Tシャツ
  • 名車Tシャツ
  • 名車Tシャツ
  • 名車Tシャツ
  • 名車Tシャツ
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ