日本未発売のトヨタ・カローラ&レビンにPHVが登場!【北京モーターショー 2018】

業界 WEB CARTOP

 トヨタ初の海外生産PHVモデル

 北京国際展覧中心で4月25日のプレスデーから始まった2018北京モーターショーで、トヨタは「カローラPHV(一汽豊田汽車有限公司)」と「レビンPHV(広汽豊田汽車有限公司)」の2車を初公開した。

 このPHVモデル2車は、日本国内で販売しているプリウスPHVを中国版に仕立て、セダンボディに仕上げたもの。EV走行距離は50km以上を想定しており、トヨタ初の海外生産PHVとなる。中国での現地生産は2019年より開始する予定。

 トヨタは、車両電動化技術の中国国内での現地開発、そして現地生産体制の構築を図っており、さらなる需要増にも対応をしていくとしている。このPHVモデルの投入により、それがより明確になったといえる。

 ちなみにレビンは、「レビン185T」、そして昨年から販売がスタートしている「レビン ハイブリッド」との3車種展開となる。

  • Corolla01
  • Levin02
  • Levin185T
  • LevinHybrid
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ