新型フォレスターも搭載! スバルが中国で投入するモーターアシスト仕様とは【北京モーターショー2018】

業界 WEB CARTOP

XVにも搭載し、中国市場に初投入する

 2018年4月25日からスタートした「2018年北京モーターショー(2018第15回北京国際汽車展覧会)」で、スバルは、新型フォレスターの中国仕様を出展している。

 フォレスターとともにXVも展示されたが、どちらもモーターアシスト仕様の新型パワーユニットを搭載。その名称は「INTELLIGENT BOXER(インテリジェントボクサー)」と名付けられている。

 このインテリジェントボクサーはモーターアシストを使用することで、AWDモデルのSUVカテゴリーのなかでトップレベルの低燃費を実現。優れた環境性能を確保しながら、楽しい走りを実現するという。中国市場にこのモーターアシスト仕様車を投入するのは、スバルとして初めてとなる。

 先代XVに搭載されたハイブリッドシステムをベースにしたもので、国内でも投入が噂されている「e-BOXER」と名付けられるシステムが、このインテリジェントボクサーの正体ではないかと推測する。

 北京モーターショーのスバルブース内でも、その内容については確認することはできなかった。6月にはこの新型フォレスターの日本国内での正式発表があるので、そのあたりでインテリジェントボクサーについても詳細がわかるだろう。

  • 北京モーターショー
  • 北京モーターショー
  • 北京モーターショー
  • 北京モーターショー
  • 北京モーターショー
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ