プレスライダー上がりの全日本選手が臨むアメリカで一番過酷な山登り【PPIHC2018】

モータースポーツ WEB CARTOP

サポートメンバーとして参戦してからパイクスピークに魅せられた

 アメリカ・コロラド州、パイクスピーク・ハイウェイを舞台に、現地時間の6月24日(日)に決勝を迎える「第96回パイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライム(パイクスピーク)」。昨年、佐藤琢磨選手が優勝したことで話題となった、インディアナポリス500マイルレース(1914年から続いており、2018年には102回目を数える歴史あるレース)に次ぐ2番目に古いレースである。このパイクスピークに今年参戦する、日本人ドライバー&ライダーを紹介する。今回は、2輪部門で今回ルーキー参戦となる井上哲悟(いのうえ・あきのり)選手だ。

 井上選手とパイクスピークとの出会いは、今回彼が出場するブルーサンダース・チームが参戦を開始した2014年の翌年、2015年のこと。初参戦の際は全日本のレースがあったため合流できず、2年目の2015年に同行した(下の写真、右から3人目が井上選手)。

 これまでの全日本選手権や鈴鹿8耐とはまったく違う世界。走って挑むのは、ライバルではなく自然と自分たち、なのである。あからさまに危ないコースを、己がどこまで攻めることができるのか? それを問われるレースだ。「いつか走ってみたいなぁ」という思いを持ち、2017年にも同じくチームヘルパーとして同行。そして「次こそは走りたい」と、ブルーサンダースの岩野代表と、このチームで走ってきている新井選手に参戦の意思を伝え、この6月にむけた準備をしてきた。

速いプレスライダーからサーキットへ、そして全日本選手権へ

 井上選手は、1978年生まれの現在39歳。筑波選手権を経て、全日本ロードレース選手権へ参戦。ST600、J-GP2、さらにJSB1000へとステップアップ。また写真家・加納典明さんが率いるチームで鈴鹿8耐にも参戦してきた。

 もともとはサーキットの「サ」の字もない、ただのバイク好きな青年だった。プレスライダーを生業としながら、夜な夜な首都高を走り回っていたという。そんなときにチームの岩野代表と巡り合い、一緒に走っているうちに、「サーキットを走ってみたら?」と誘われ、ロードレースの世界へとのめり込んでいった。サーキットでもその速さを見せた井上選手。「2人でちゃんとレースをしよう」と岩野代表と草レースから始め、カワサキプライベーターとして2006年からは全日本ロードレース選手権に参戦して活躍してきた。ほかにもテイストオブツクバでは過去4クラスで優勝した経験もある。

 そして迎えた2018年。前年から参戦を決め、怠りなく準備を進めてきたはずが、エントリー受理後にバタバタとチーム体制の変更、そして、マシンの選定も遅れたため、車両の準備がギリギリという状況となってしまった(4月中旬の取材時はエンジンも降ろされていてフレーム状態だった)。今回は時間がないということで、まずはノーマルに近い状態(それでも排気量は1000㏄まで引き上げている)という、最低限のチューニングで走ることとなっている。ルーキーであるので、まずはここからといったところ。ただし、井上選手もそれなりに経験を積んできたライダー。「みっともない結果はマズい(笑) あの日本人スゲーな、とまわりに思わせるくらいの走りはしてこようと思う」と。

 今年のターゲットタイムは、10分30秒台あたり。そして来年はマシンをきっちり仕上げて9分台に入れたいという目標を持っている。ただ競技はもちろん、クルマでの一般走行ですらパイクスピークを走ったことがない。まずは、事前に予定されている練習日にターゲットを決め、その後はレースウイークまでレンタルバイクでパイクスピークハイウェイを攻め続ける予定だ。

  • パイクスピーク
  • パイクスピーク
  • パイクスピーク
  • パイクスピーク
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ