ハッチもいいけどセダンが欲しい! 中谷明彦さんも惚れたトヨタ・レビンPHVを解説【動画あり】

業界 WEB CARTOP

現行プリウスPHVのシステムを流用する初の中国現地生産モデル

 中国専用セダンにレビンがある、といち早くレポートしたのは2016年5月のWEB CARTOPだったが、そのレビンにPHV(プラグイン・ハイブリッド)が用意される。すでにカローラとレビンはハイブリッドモデルもあり、人気となっている。

 中国でレビンは「雷凌」と書く。レビンはもともと英語の古い言い方で雷のことらしく、それで雷凌となったようだ。中国ではEVやPHVのことをNEV(新エネルギー車)と呼ぶが、次々とNEVが誕生している。

 このレビンはプリウスのPHVシステムを移植し、EVモードだけで50㎞走れるもので、中国ではトヨタ初の現地生産PHVとなる。生産は2019年からだが、北京モーターショーで取材したレポーターの中谷明彦さんは「これなら自分も欲しい」と本気で言う。中谷さんは5年ほど前から毎月中国に出かけ、中国のWEBサイトで新車テストをしている人だから、この言葉は興味深い。その熱い思いを動画でお届けしよう。

  • トヨタ・カローラレビン
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ