【RMオークション】最高落札価格は復刻したあの名車! フォードGTが3300万円で落札

業界 WEB CARTOP

バッドモービル号は1831万円と予想よりも安価に

アメリカ・インディアナ州で行われたRMオークション「オーバーンスプリング」が5月11日から12日に行われた。今回のオークションには278台が出品された中からWEB CARTOPが気になった3台を紹介する。

・1966年式 バットモービル レクレーション“5”

予想落札価格:1997万9820円から2552万9770円 落札価格:1831万4835円

テレビドラマ「バットマン」に登場した「バットモービル」のレプリカが出品された。シリアルナンバー5を付けられたこちらの車両は鉄ボディのクルマ。ちなみにシリアルナンバー4までがFRPで製作され、シリアルナンバー5のみ鉄で造られたという希少な1台。プロモーションカーとしてアメリカなどでツアーを行っていたという。これまで4人のオーナーが所有し、かつてはジョージ・バリス(バットモービル号のデザインをした本人)も乗っていたストーリー性の高い1台だ。しかしながら予想落札価格を下回る1831万4835円という結果に。稀少性からしても購入した人はラッキーと言える。

・1972年式 ダットサン240Z

予想落札価格:166万4550円から221万9400円 落札価格:268万5474円

予想落札価格を上回った240Z(日本名:フェアレディZ)は、日本でも人気の1台だ。全塗装こそ施されているが、ほとんどオリジナルを保っている。日本では同年式を購入しようとすると400万円からASKといった値付けとなっている。

・2006年式 フォードGT

予想落札価格:2774万2500円から3329万1000円 落札価格:3295万1853円

2004年にフォード100周年を記念して登場したGTは、今でも人気を誇る。マニアなクルマ好きならご存じかもしれないが、1966年から1969年までル・マン24時間レースで連覇したGT40を現代によみがえらせたモデルだ。このモデルは有名なフォード・コレクターの元で所有され、わずか6115kmしか走行していない。

ちなみに、そのほかに日本車はトヨタMR2 GTターボと日産フェアレディZ(Z32)が出品。MR2 GTターボは日本のみ販売され、アメリカでは売っていなかったモデル。予想落札価格は277万3725円から332万8470円だったが今回は落札ならず。日本の相場からしても少々高い。また、同様にZ32も今回は落札ならずとなっている。

  • RMオークション
  • RMオークション
  • RMオークション
  • RMオークション
  • RMオークション
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ