簡単だが落とし穴もある! ヘッドライトをハロゲンからLEDバルブに交換する際の注意点

コラム WEB CARTOP

安心は国産のメジャー品! モノによっては光量の足りないものも

 もともとLEDのヘッドランプならもちろん問題ないが、ハロゲンが標準の場合、暗いし、光の色も黄色っぽくてどうもなぁ、と思っている人は多いかもしれない。HIDにするのも手だが、LEDというのは気になる存在だ。最近では中国製の格安も含めて、交換用のLEDバルブがあちこちで売られているし、価格も安い。

 HIDのようにいろいろなユニットが必要ないこともあって、交換自体はハロゲンバルブの交換と同じぐらい簡単。基盤などが付いているお尻の部分が大きいので、装着スペースによっては入れ込むのに手間がかかるぐらいだ。

 と、いいことづくめのように思えるが、問題はいろいろとある。まず、肝心の明るさの問題。LEDは非常に白くてクリアな光なので、一見すると明るく見えるのが、光量自体は少なかったりする。今までテストしたなかには、車検の基準に届かないものが結構あった。つまり暗いわけで、車検うんぬん以前に夜の運転が問題になる。

 そして光軸もうまく出ないものが多い。問題はLEDのチップの配列にあって、もともとハロゲンで設計されているところに、まったく光源の形が違うLEDに変えれば光軸が出なくて当たり前。

 そのほかには基盤から出る熱の問題もある。そもそも自動車メーカーが純正で採用できなかったのは熱の対策に苦慮した面もあり、それを社外品の安い交換バルブでクリアしているかというと疑問な部分も多い。

 いずれにしてもLEDに交換する場合は、明るさや光軸などについてしっかりと調べてからにするようにしたい。光軸はチップの配列をうまく計算すれば問題なく出るし、光量も確保するのは可能だ。

 耐久性も含めて激安バルブは避けて、少々高いが国内のランプメーカーのものを選ぶようにしたい。また、うまく性能が出ないであれこれするより、割り切ってHIDにするのも、光量、価格などの点でおすすめだ。

  • LEDヘッドライト
  • LEDヘッドライト
  • LEDヘッドライト
  • LEDヘッドライト
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ