世界で最も売れている量販EV! 国内累計10万台を突破した日産リーフの特別仕様車が登場

業界 WEB CARTOP

プロパイロットなど安全装備を標準化!

 日産自動車は、電気自動車リーフの国内累計販売が10万台突破したことを記念し、特別仕様車「X 10万台記念車」の販売を開始した。

 日産リーフは2010年12月に、持続可能なゼロ・エミッション社会に向けた量産型電気自動車として登場。2017年に10月にフルモデルチェンジした現行モデルは、電動パワートレインの持ち味である滑らかで力強い加速、低重心を活かしたハンドリング性能が特徴。さらに、自動運転化技術「プロパイロット」や「プロパイロット パーキング」、「e-Pedal」などの先進技術を備えた、「ニッサンインテリジェントモビリティ」を代表するモデルとなり、世界でもっとも販売されている電気自動車に成長した。

 今回の特別仕様車は、Xグレードをベースに、プロパイロットや踏み間違い衝突防止アシスト、BSW(後側方車両検知警報)、RCTA(後退時車両検知警報)」など充実の安全システムを標準装備。そのほか、メーターやオーディオを操作できるステアリングスイッチや、自動で光軸の調整を行うオートレベライザー付きLEDヘッドランプを備え、機能性も高めている。

 なお、全国希望小売価格(税込)は、ベースグレードのXにプラス約20万円と大変お得な370万7640円。国の購入補助金(クリーンエネルギー自動車等導入促進対策費補助金)は40万円となる。

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ