銀婚式をイメージしたジープ・グランドチェロキーの限定車「スターリングエディション」登場

業界 WEB CARTOP

シルバーのアクセントが随所に光るメモリアルな1台

 FCAジャパンは、ジープ・グランドチェロキーに、シルバーアイテムを散りばめ、装備も充実させた限定車「スターリングエディション」を設定し、6月9日(土)より125台限定で発売する(ダイアモンドクリスタルP/C:110台/専用限定色サンドリアメタリックC/C:15台)。また、この限定車の発売に合わせ、グランドチェロキー全モデルの仕様変更も行われる。

 グランドチェロキーは、1993年にジープブランドのフラッグシップモデルとして登場し、今年で25周年を迎える歴史ある1台。限定車名の「スターリング」は銀合金を意味しており、結婚25周年を祝う銀婚式をモチーフにした、シルバーカラーをアクセントに採用している。

 リミテッドグレードをベースに、エクステリアにはシルバーのアクセントを効かせたフロントバンパーやフォグランプベゼル、グロスブラックグリルを採用し、存在感がありながら気品ある顔つきに仕上げた。また、シルバールーフレールや25周年記念バッジや特製のシルバーエクステリアバッジ、牽引フックなどの細部に至るまで、デザインやカラーリングで特別なモデルであることを強調する。

 加えて、通常はオプションとなるデュアルペインパノラミックサンルーフや、ジープの歴代モデルからインスパイアされた専用デザインの20インチアルミホイールを採用する。インテリアは、初代モデルのデザインを復刻したレザーシートをや、レザーインストルメントパネルやイリジウムシルバーのインテリアアクセントを用いて、豪華さを演出する。

 そして今回の限定車の発売に伴い、グランドチェロキー全車を仕様変更している。主な変更点は、LEDクリアランスランプをより光度の高いLEDデイタイム・ランニング・ライトに変更し、見た目だけではなく対向車からの視認性も向上。また、オーディオ&ナビゲーションシステムは、新たにApple CarPlayとAndroid Autoに対応した。加えてUSBポートを2基に増やし、スマートフォンの接続や充電を快適に行えるように改善されている点も嬉しいポイントだ。

 そのほか、ラレード/リミテッド/サミットのインテリアアクセントカラーの変更や、ラレードのファブリックシートのデザインを変更。リミテッドには逆位相の音をスピーカーから発生させてノイズを打ち消すアクティブノイズコントロールシステムを追加し、機能性や質感を高めた改良を施している。

 メーカー希望小売価格(税込み)は、下記の通り。 スターリングエディション 620万円 ラレード         499万円 リミテッド        610万円 サミット         675万円 SRT8           810万円

  • グランドチェロキー
  • グランドチェロキー
  • グランドチェロキー
  • グランドチェロキー
  • グランドチェロキー
  • グランドチェロキー
  • グランドチェロキー
  • グランドチェロキー
  • グランドチェロキー
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ