商品改良で人馬一体をさらに磨き上げたマツダ・ロードスターが登場!

業界 WEB CARTOP

エンジン内部にも手を加えて気持ちよさを追求

 マツダは長年愛されているコンパクトオープンスポーツカー「ロードスター」と「ロードスターRF」に、新しいガソリンエンジンを搭載。同時に特別仕様車「キャラメル・トップ」をロードスターに設定した。6月7日(木)から予約受注を開始しており、7月26日(木)に発売する。

 今回の商品改良では、新技術を採用したガソリンエンジンにより、意のままに操れる人馬一体の走りの楽しさをさらに極めている。

 ロードスターRFに搭載する「SKYACTIV-G 2.0」エンジンは、全回転域でのトルク向上と高回転域での出力アップを実現するため、吸気系やシリンダーヘッド、ピストンなどの回転系部品、排気系、サイレンサーに至るまで、数多くの革新的な技術を採用。これにより気持ちのいい加速感に加えて、燃費・環境性能も向上するよう進化している。

 また、エンジンサウンドも伸びやかでスポーツカーに似合う力強い音質に仕上げ、アクセル操作にリンクするサウンドは、車両との一体感をより強く感じられるようにチューニング。そのほか、市街地やワインディング、高速道路などあらゆるシーンで、アクセル操作に対するリニアな応答、自分の意志に沿うようにドライブできるよう、エンジンやトランスミッション制御など細部にわたりブラッシュアップした。

 エクステリアは、ホイールをガンメタリックからブラックメタリック塗装に変更し、ピアノブラックのサイドミラーと合わせたカラーコーディネートにした。

 インテリアは、VSグレードの内装色に、個性的で気分が上がるような新色のスポーツタンとブラックを追加している。

 ロードスターに搭載する「SKYACTIV-G 1.5」エンジンは、ドライバーの気持ちとシンクロして、伸びやかで心地よい加速感はそのままに、今回のSKYACTIV-G 2.0に搭載した新技術を応用。燃費性能の向上や全回転域のトルク特性を高めている。また、クルマのレスポンスを高めるよう改良し、運転する楽しさをより感じられる仕上がりとした。

 エクステリアについては、ロードスターRFと同じく、ホイールカラーをブラックメタリックに変更。足もとをブラックカラーで引き締めている。

 両車に共通する商品改良としては、先進安全技術「i-ACTIVSENSE」の多くの装備を標準装備とし、全機種が「サポカーS・ワイド」となった。また、ドライバーの認知をサポートする交通標識認識システム(TSR)や、ドライバー・アテンション・アラート(DAA)とクルーズコントロールを採用して、日常の運転からロングドライブまで疲労軽減や安全で快適なドライブをサポートする。

 また、歴代のロードスターで初めてテレスコピックステアリングを採用し、ステアリングの前後の位置も調整できるようになり、よりドライバーに合わせた最適なポジションを設定できるようになった。

 そして今回の特別仕様車「キャラメル・トップ」は、ソフトトップの「S レザーパッケージ」をベースに、新色のブラウンの幌と、明るめのベージュカラーであるスポーツタンの内装を備えた、気品ある大人の1台。

 そのほかソフトトップとシートカラーを際立たせるボディ同色のドアミラー、深い輝きを放つ高輝度塗装16インチアルミホイールを装備している。

  • ロードスター
  • ロードスター
  • ロードスター
  • ロードスター
  • ロードスター
  • ロードスター
  • ロードスター
  • ロードスター
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ