「教習所じゃ教えてくれない」同乗者を不快にさせない運転方法とは

コラム WEB CARTOP

ペダル操作のコツを掴むだけでスムースさは大きく変わる

 ドライビングというのはオペレートとは違う。アクセル、ブレーキ、ハンドルはオン・オフだけのスイッチではないし、絶妙でかつ微妙なペダルコントロールで加速・減速のGの変化をどれだけ滑らかにできるかどうかが、運転の上手い人とそうでない人の分かれ目になっているといってもいいだろう。

 運転が上手くない人は、どうもこのペダルワークが苦手で直線を定速で走っていても、アクセルを踏んだかと思えば戻し、戻したかと思えばまた踏んで、細かく加減速を繰り返している人が少なくない。こういうドライバーのクルマに同乗すると、加減速の繰り返しによって波に揺られているような感覚になり、非常に不快でクルマに弱い人なら乗り物酔いの原因にも……。

 このようにまるでリレースイッチのようなペダルワークになってしまう人が、もっとスムースな運転を身につけるにはどうすればいいか。

 まずは肩の力を抜くこと。ペダル操作は足で行うが通常、足先は手先よりも器用ではない。身体が力んでいると足先の動きも固くなり、バリアブルな動きではなくなるため段階的な動きしかできなくなる。まずは肩の力を抜いて、全身をリラックスさせることが肝心。

 次に姿勢を正して、正しいシートポジションに座る。

 ペダルをスイッチのように操作してしまう人の多くは、ドライビングポジションがハンドルやペダルから遠い人が多い。ペダルまでの距離が遠いと、必然的に足の先っぽでペダルを操作することになるので、細かい操作が苦手になり、雑な操作になりやすいからだ。

 アクセルやブレーキペダルから遠いポジションは身体が不自然な姿勢になりやすく、腰痛の原因にもなる。波打つようなアクセルワークになっている人は、シートに奥深く腰掛けて普段よりもシートポジションを1ノッチ~2ノッチ前に出し、クラッチもしくはブレーキを一番奥まで踏み込んだ時でも、膝裏が伸びきらないポジションに調整しよう。

 そして、郊外のバイパスや高速道路で高低差がないまっすぐな道で速度一定、つまりアクセル一定で走る練習をしてみる。無駄にアクセルのオン・オフを繰り返す人は、ペダルストロークの中間付近で、踏む量をそのままキープをするのが苦手といえる。

 リズムをとっているのか、貧乏ゆすりなのかはわからないが、とにかくアクセルを踏む量を変化させないトレーニングが必要だ。このとき、速度を一定に保とうとしてスピードメーターを見過ぎるのも弊害が多い。最初のうちはスピードメーターを見ず、一定の速度で走るのが得意なバスやトラックの後ろについて、等間隔を維持するように走ってみるのもいいだろう。もうひとつ、目線が近いと速度変化がギクシャクしやすいため、目線を意識して遠目に持っていくのも大事なコツ。

 慣れてきたところで単独でも上り坂ではアクセルを踏み足し、下り坂ではアクセルを戻す。平地ではアクセル一定と常に同じ速度で走り続けることを目標にしてみよう。ブレーキもいまだにポンピングブレーキのできそこないのように、ブレーキを数回に分けて踏む癖がある人がいるが、これも乗員を不快にし、他のクルマにも迷惑がられるのでやめてほしい。

 急ブレーキ以外の、通常の減速をスムースにするコツは、あらかじめ停車する位置、あるいは減速を終了する位置をしっかりイメージして、ブレーキの踏み始めから終了まで、できるだけ減速Gが一定になるようにコントロールすること。

 そのために踏みはじめにスッと踏力を入れたら、停止寸前までできるだけ一定の踏力をキープする。そして、停止寸前にスッと踏力を抜くのが上手いやり方。ブレーキは踏み始めのタイミングが遅れると、ガクッと強めのブレーキが必要になるし、早く踏み過ぎても途中で弱めてまた踏んで……といった作業が必要になるため、程よいタイミングで踏み始めるのが要諦。その見極めにはスキルが必要なので、はじめは少し余裕を持ってブレーキを踏み始めることを意識しよう。

 またアクセルにもブレーキにも言えることだが、上級者ほど“抜き”がエレガントになる。踏む=力を入れるのはさほど難しくないが、丁寧に抜くのは意外に難しい。これは鍛錬のし甲斐がある項目だ。それを体現するためにも力みを抜いて、正しい姿勢とポジションで視線を遠くにする努力を忘れずにドライブを楽しみたい。

  • 運転感覚
  • 運転感覚
  • 運転感覚
  • 運転感覚
  • 運転感覚
  • 運転感覚
  • 運転感覚
  • 運転感覚
  • 運転感覚
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ