軽自動車200万円突入時代に150万円以下で狙える大満足ファミリーカー7選

コラム WEB CARTOP

150万円以下でも安全装備と機能性を両立するグレードは多い!

 バターもチーズも宅配便料金も、なんでも値上がりする時代。クルマだって昔に比べたら高くなりましたよね〜。軽自動車でも200万円超えのグレードが出るくらいです。こんな時代にクルマを買うとなったら、やっぱり気になるのはコスパ。とくに子育て世代の皆さんは、生活費や教育費を削るわけにいかないし、少しでも備えを持っておきたいし、できれば予算はなるべく抑えたい! という人も多いのではないでしょうか。

 そこで今回は、値引きも含めて新車で予算150万円以下で買えるクルマを厳選してみましょう。今どき予算150万円じゃ、ロクなクルマが買えないんじゃない? なんて思うかもしれません。でもよくよく探せば、満足できるクルマは、あります! しかもファミリーカーとしても使える、超優秀コスパモデルたち。ランキングにしてさっそくご紹介しますね。

第1位 ホンダ フィット

 まず第1位は、4人家族でも十分に使えるコンパクトカー代表、ホンダ フィット。昨年に大がかりな改良を行って、走りが磨かれ装備も充実、ACCを含めた先進運転支援技術の「Honda SENSING」が搭載されたことで、安全性もコンパクトカートップクラスになっています。

 さすがにハイブリッドは150万円では届かないんですが、ガソリンモデルでもちゃんと燃費はいいし、使い勝手も変わらないので、狙うは1.3リッターガソリンモデルでHonda SENSINGが標準装備となる、165万3480円の13G・L Honda SENSING。フルオートエアコンなどほとんどの快適装備が揃い、スーパーUVカットガラスにはならないものの、通常のUVカットガラスがついて、15インチタイヤで見た目もなかなか。おおむね15万円程度の値引きが期待できるようなので、これなら合格ですよね。

第2位・第3位(同率) スズキ ソリオ&三菱デリカD:2 トヨタ タンク/ルーミー&ダイハツ トール&スバル ジャスティ

 第2位・第3位は同ランクで、コンパクトクラスで両側スライドドアがつくモデルが欲しい、という人に。スズキ ソリオ/ミツビシ デリカD:2と、トヨタ タンク/ルーミー/ダイハツ トール/スバル ジャスティの4兄弟車です。

 中でも今のイチオシは、ミニバン初心者でも運転しやすいサイズなのに、5人しっかり乗れる室内のソリオに、両側パワースライドドアや折りたたみ式のパーソナルテーブルなど、子育て中なら絶対につけたい装備が山盛りで165万4560円の特別仕様車「ソリオ Sセレクション」。販売店ではどうやら20万円程度の値引きをする場合が多いらしいので、予算内に収まりますね。しかもこれらのクルマはライバル関係にあるので、販売店で引き合いに出せば値引き額もアップするかも?

第4位 ホンダN-BOX

 続いて第4位は、軽自動車でファミリーにオススメしたい、人気NO.1のホンダ N-BOX。子育て中なら前席がベンチシートのタイプよりも、助手席が57cmのロングスライドとなって、前席と後席を車内で行き来できるスーパースライドシート仕様が便利です。

 ターボエンジン車はちょっと予算オーバーですが、自然吸気エンジンでもパワフルかつスムースに走ってくれるので問題ナシ。安全装備も快適装備も充実しているEX Honda SENSINGなら159万6240円です。頑張れば値引きが10万円以上になる場合もあるようなので、皆さんの駆け引き次第で予算内を目指しましょう。

第5位 ダイハツ ムーヴキャンバス

 そしてもう1台、軽自動車で両側スライドドアのモデルの中から、レトロ可愛いデザインやカラーコーディネートが楽しめるダイハツ ムーヴキャンバスが第5位です。室内空間はタントよりやや天井が低くなりますが、後席の下が大きな引き出し式の収納ボックスになっているので、子どものオモチャや着替えなどがスッキリ片付くのが魅力。

 エンジンはもともと自然吸気のみなので、走りはフル乗車だとややのんびりした感じですが、それも外観の雰囲気と合っているかも!? 癒し系のファミリーカーになりそうですね。ムーヴキャンバスは、衝突被害軽減ブレーキなどの先進安全装備「スマートアシスト3」が標準装備となるL “SA3″でも125万2800円なので、余裕で予算をクリアします。

 ですが、せっかくならツートーンカラーやメッキパーツで外観がさらにオシャレになり、スーパーUVカットガラスなど快適装備が充実して両側がパワースライドドアになる、Gメイクアップ”SA3″を狙いたいところ。価格は154万4400円ですが、だいたい10万円くらいの値引きがお約束らしいので大丈夫です。

第6位 スズキ ハスラー

 さて第6位は、SUVタイプが欲しいけど軒並み200万円以上だよなぁと諦めている人に、スズキ ハスラーはいかがでしょう。大ヒットしている理由には、アクティブに走れるSUVとしての実力が高いことも含まれていて、4WD車なら下り坂をブレーキ操作ナシで一定速度で走ってくれる「ヒルディセントコントロール」や、雪道などで片輪が空転しても、もう一方の車輪に駆動力を集めて発進できる「グリップコントロール」など、キュートな見た目に似合わずタフな走りもOK。

 室内の広さはもちろん、シートアレンジも豊富で、海へ山へと出かけるアクティブなファミリーにぴったりの軽自動車です。そんなハスラーには今、ネイビーのシートがオシャレなインテリアや、ナノイー搭載フルオートエアコンなどの上級装備がたくさん付いた特別仕様車、ハスラーFリミテッド2が登場。2WDなら143万1000円、4WDでも155万7360円なので、あとは値引きで予算内に収めましょう。

第7位 フォルクスワーゲンup!

 さぁラストの第7位は、150万円じゃ輸入車はムリだよね? という人へ。フォルクスワーゲンup!の2ドアモデルなら、イケるかもしれませんよ〜。159万9000円ですが、だいたい10万円くらいの値引きが期待できるようなので、予算クリアの可能性大です。

 ファミリーで2ドアモデルだと、4人家族で一泊旅行にしょっちゅう行くなんて使い方には向かないかもしれませんが、乗り降りがちょっと面倒でも後席のスペースそのものは余裕があるので、自分で乗り降りできる年齢の子どもなら、けっこう快適に過ごせるはず。

 平日はママ1人で近所を走ることがほとんど、というライフスタイルなら、狭い道でも運転しやすくてピッタリかもしれないですね。小さなボディからは想像できない、ドイツ車らしい安心感、モダンでセンスのいいインテリアなど、輸入車らしさはバッチリ味わえます。ただし、燃料はハイオクガソリンになるのでご注意を。

 というわけで、コンパクトから輸入車まで厳選してみましたが、いかがでしたでしょうか? 150万円でもなかなか魅力的なクルマたちがあるものですよね。あとは皆さんのライフスタイルに合うかどうかを検討して、ぜひ相性ピッタリ・満足度最高のクルマを手に入れてくださいね。

  • ファミリーカー
  • ファミリーカー
  • ファミリーカー
  • ファミリーカー
  • ファミリーカー
  • ファミリーカー
  • ファミリーカー
  • ファミリーカー
  • ファミリーカー
  • ファミリーカー
  • ファミリーカー
  • ファミリーカー
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ