ミッションEがいよいよ現実に! ポルシェ初のEVスポーツモデルの名称が「タイカン」に決定!

業界 WEB CARTOP

名称はポルシェエンブレムに由来する!

 ポルシェは、来年からポルシェ初の電気自動車の生産が開始される。現在開発が進む、「ミッションE」と呼ばれるコンセプトモデルの正式名称を「タイカン(Taycan)」に決定した。

 この名前は、1952年から使用しているポルシェのエンブレムの中心にある跳ね馬に由来しており、「生気あふれる若馬」を意味している。

 ポルシェAG取締役会会長のオリバー・ブルーメ氏は、「ポルシェの新しい電動スポーツカーはパワフルで高い信頼性を備えます。長距離を確実に走行することが可能で、まさに自由を象徴するクルマです」と述べている。

 タイカンは、2基の永久磁石シンクロナス・モーターにより最高出力600馬力を発生。0-100km/hの加速タイムは3.5秒以下、0-200km/hの加速タイムは12秒を下回るという。また、このハイパフォーマンス性能を備えながら、航続距離はなんと500km以上を可能としている点にも注目だ。

 ポルシェは今後2022年までに、当初計画していた投資額の2倍となる60億ユーロ(約7600億円)をE-モビリティへ投資していく予定だ。

  • ポルシェ
  • ポルシェ
  • ポルシェ
  • ポルシェ
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ