いま注目すべきはプチバン! 狭い3列目シートを潔く排除したオススメ車3選

コラム WEB CARTOP

スライドドアの快適さと室内高はミニバン同様!

 かつて日本には、ミニバンブームに乗ってコンパクトさを売り物にする「無理やり」3列シートミニバンが氾濫した。しかし、使ってみれば3列目席は緊急席以外の何者でもなく、畳んで2列シートのコンパクトカーとして使わざるを得なかった。 今ではミニバンの主流は3列目席にもしっかり大人が座れる(快適度には差があるけれど)Mクラスボックス型。ミニバンと呼ぶからには、3列目席が「取りあえずある、座ろうと思えば短距離なら我慢できる」じゃ商品力に欠け、売れるはずもない。 その象徴……といったら失礼だが、ホンダ・ジェイドはスタイリッシュさと低全高パッケージを前面に出し、走りもいい3列シートモデルだったものの、売れ行きは月200台と低迷。で、ついに2列シートモデルをラインアップ。乗って、使ってみると、じつにいい。3列目席を排してラゲッジにしたことで、走りのいいスタイリッシュワゴンとして生まれ変わったのである(3列シートモデルも残されているが)。 もともと3列シートのミニバンゆえ、後席エアコン吹き出し口もあり、ベンチシート化された後席は広々、クッションの厚みまで増して快適至極。そもそもストリームではなく、US時代のアコードワゴンの後継車的ポジショニングもあったわけで、ジェイドは本来あるべき姿になった、とも言えるのだ。 とはいえ、もっとコンパクトなユーティリティカーを……というなら、日本にはなかなか魅力的なプチバンが存在する。見た目は両側スライドドアを備えたボックス型ミニバンをスケールダウンしたようなデザインで、しかし2列シート。そう、たとえばスズキ・ソリオだ。 両側スライドドアで後席の乗降性は文句なく、しかも想定外に走りが上質。ハイブリッドもあって(2種類)、燃費性能、走行時の静かさなども満足できるレベルにある。もちろんラゲッジスペース、シートアレンジ性もミニバンさながらに優秀ときているのだから、個人的にもかなり気に入っている1台なのである。 かつてミニバン王国を築いたホンダには、フリードというコンパクトな3列シートミニバンがある。このクラスとしてはトヨタ・シエンタほどではないにしても、3列目席は実用的。 とはいえ、ステップワゴンほどじゃない。ならば、と用意されているのが、2列シート+ガレージライクで広大かつ使い勝手抜群のラゲッジスペースを持つフリード+(プラス)。こちらももともとはミニバンパッケージだから、後席を含む室内空間はミニバン同様のゆとりがある。 走りはともかく、2列シートのコンパクトカーで後席の乗降性やゆとりで文句なしなのが、トヨタのスペイドだ。 大開口スライドドアを備え、助手席ロングスライド(最大700mm)、後席左右分割クッションチップアップ機構などによって、子どもが車内で立って着替えができたり、スライドドアから室内に自転車が積めたりするのだから超便利。 ミニバンっぽい使い勝手には魅力を感じるけれど、コンパクトなサイズは譲れない……というなら、いっそ3列シートをあきらめ、割り切って2列シートのプチバン、またはワゴンタイプを選択するのもアリだと思う。どうしても3列目席が必要なら、Mクラスボックス型を狙うのが正解でもあるからだ。

  • プチバン
  • プチバン
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ