ワイパー交換はゴムだけではなくブレードまで替えたほうがいい理由

コラム WEB CARTOP

湾曲したガラス面にゴムをしっかり押しつけるのはブレードの役目

 雨の日の視界確保の最重要装備であるワイパー。消耗品というのはご存じだろうが、そもそもメンテナンス不良のクルマもよく見かける。チェックのポイントはゴムの状態で、横から見て曲がっていないか。さらに裂けていたり、ヒビが出ていないかも見ておこう。ダメな場合はもちろん交換となる。 その交換が問題で、予算の関係からゴムだけという方もいるかもしれない。カー用品店でも交換用ゴムとして売っているので、ダメというわけではないのだが、可能な限り、プレードごと交換するのがベストだ。 一見すると、ゴムが水を切って除去するので、それだけ交換すればいいように思える。しかし、全体を均一に拭き上げなくてはならないし、自動車のフロントガラスというのは局面で、すべての面にワイパーは追従しなくてはならない。この点が問題。 そうなると重要になってくるのが、ブレード部分だ。ブレード部分とはゴムが付いている骨の部分で、よく見てみると複雑な形状をしていることがわかる。金属のアームをリベットで接続しているのが一般的だが、この複雑な形状ゆえ、湾曲したガラス面にもしっかりと追従して、拭き残しなく視界を確保できるのだ。ただ、作動時は結構な力がかかることから、接合部分にガタが出やすく、ガタが出てしまうときれいに拭けなくなってしまうため、ブレードごと交換というのが基本となってくるわけだ。最近では樹脂のベースにゴムが溶着された、いわゆるエアロワイパーが増えてきているが、こちらも樹脂の張りだけで絶妙な追従性を出しているので、メンテナンスという点では変わりはなく、定期的な点検は必要だ。 ワイパーメーカーの推奨は1年に1回。最近は高温になったり、雨が多かったりと、ワイパーにとっても過酷なので、マメに点検して早めに交換するようにしたい。

  • ワイパー
  • ワイパー
  • ワイパー
  • ワイパー
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ