10年落ちでも新車と同等価格のフェラーリ458! 劣化しても高額を維持する理由とは?

コラム WEB CARTOP

「需要より1台少なく作れ」のフェラーリ哲学が生む価値

 編集部ハラダより、「なぜフェラーリ458は、いまだにあんなに値段が高いんでしょう」との疑問が発せられた。 ハラダ「発表から10年が経過して、新車価格付近を維持するというのは、やはりスーパーカーの魅力なんでしょうか?」 それはもちろんそうだが、論理的に言えば、中古価格は需要と供給の関係だけで決まる。つまり、フェラーリが欲しい人は多いが、フェラーリの流通台数は多くない。だから値段が下がらない。それだけのことだ。 フェラーリに限らず、スーパーカーの価格がおしなべて下がりにくいのは、ひたすらこれが原因だ。フェラーリだろうとランボルギーニだろうと、流通台数が多すぎたり、欲しい人の数が減ったりすれば、価格は下がるし、ときには暴落する。 確かにフェラーリ458シリーズはすばらしいクルマで、私も約5年間愛したが、クルマの性能と中古価格は、直接関係はない。ちなみに私の場合、2012年に458イタリアをコミコミ2580万円で購入し、2017年に2200万円で売却した。あれだけのクルマに5年間乗って、380万円しか下がらなかったのだから、「フェラーリを買わないヤツはバカ」という私の説は、あながち暴論ではないだろう。 ところで、フェラーリ458の中古価格は現在どれくらいか? 中古車サイトによると、以下のようになっている。 458イタリア/平均2400万円 (新車価格/2830万円) 458スパイダー/平均3100万円 (新車価格/3060万円) これを見ると、458イタリアのほうはそれなりに値下がりしているが、それでも新車価格の8割以上を維持。スパイダーに関しては、わずかながら新車価格を上まわっている。 この差もまた、需要と供給によって決まっている。スパイダーのほうが販売台数がかなり少なかったため、希少価値が高いのだ。なぜスパイダーの販売台数が少なかったかと言えば、フェラーリ本社側が、それしか割り当てなかったら。スパイダー人気が爆発し、納車待ちが2年にまで伸びても増産などしなかった。 フェラーリは、受注数とは無関係に生産台数を決めている。「需要より必ず1台少なく作れ」というのは、フェラーリ創業者・エンツォ・フェラーリの言葉だが、それを守っているのだ。 ところで、458シリーズには、もっと高値を維持しているモデルがある。458スペチアーレだ。中古フェラーリ専門店・コーナーストーンズの榎本 修社長によると、458スペチアーレの実勢取引価格は4300万円前後。新車価格は3390万円だったので、大きなプレミアが付いている。「458イタリアは、ゆっくり相場が下がっていますが、スペチアーレはいまだに上昇中です」(榎本社長) 私が乗っていた458イタリアと458スパイダーを乗り比べたら、イタリアでも十分すぎるほど速いし、乗り心地もいい。ギリギリ公道でも楽しめるが、スペチアーレは、あまりにも速すぎてスパルタンすぎて、公道に走る舞台など存在しない。 マトモに評価をすれば、明らかにお安いイタリアの方がいいクルマ(?)なのだが、スペチアーレは希少なスペシャルモデル。フェラーリにとって実用性など無意味であり、希少性のほうがはるかに価値があるのだ。

  • フェラーリ
  • フェラーリ
  • フェラーリ
  • フェラーリ
  • フェラーリ
  • フェラーリ
  • フェラーリ
  • フェラーリ
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ