【美人自動車評論家】吉田由美の「わたくし愛車買っちゃいました!」その49

コラム WEB CARTOP

人気のグルメを並ばずにゲットするならココ!?

 私は東京・六本木にあるメルセデス・ベンツの情報発信基地「Mercedes me(メルセデス ミー)」を仕事でもプライベートでもよく利用しますが、皆さんは行ったことがありますか? 誕生は2011年。当初は「Mercedes-Benz Connection(メルセデス・ベンツ・コネクション)」という名前でオープンしました。ここではクルマを売らないけど、メルセデス・ベンツの最新モデルが展示されていたり試乗できるし、メルセデス・ベンツのオリジナルグッズが販売されているショールーム。 しかし1階にあるカフェは、普通にカフェとして一般の方が利用していて賑わっているし、2階のレストランもなかなかの人気。業界内でもプライベートでパーティーをしたり、レストランへ食事に行くという人も多いです。 通常、こういった自動車メーカーのショールーム的な場所は敷居が高く入りにくかったり、「セール スマンに話しかけられそう」といった理由から敬遠されがちなのですが、なぜかこの「メルセデス ミー」は例外。おそらくそれは、通常はショールームがメインでカフェなどはその“ついで”要素が強いのですが、「メルセデス ミー」はその逆。カフェやレストランがそれぞれの魅力でお客さまの支持を得ているようです。 確かに1階のカフェは2008年の「ラテアート・ワールドチャンピオンシップ」でチャンピオンを獲得したバリスタが手掛けているという本格派。また、大きなテーブル席にはコンセントがあるので、私はここで時間調整をすることもあります。 一方、2階のレストランはお洒落なうえ落ち着いた雰囲気。しかも料理によってはメルセデス・ベンツのマーク「スリーポインテッドスター」があしらわれたりしているので、地方や海外から遊びに来た友人を誘ってここに来るととても喜ばれます。その人がクルマ好きならなおさら。 また、隣接している「NEXTDOOR」では体験型アトラクションが行われ、少し前までは新型Gクラスの体験プログラム「G-Class Experience」が行われ大盛況だったようです。また2007年には「エビスビール」とのコラボで、期間限定の「ビアテラス」をオープン。一般的にクルマとアルコールはタブーとされているので、斬新なアイデアです。これらが六本木というホットな立地条件とメルセデス・ベンツのブランド力を生かし、さまざまなブランドとのコラボレーションで面白い企画を実施。これがまたわくわくするコラボばかりなのです。 直近では、私が以前から気になっていた台湾のかき氷「アイスモンスター」が、2階のレストラン「UPSTAIRS」で食べることができるとのことで友人を誘って行きました。東京・原宿にある「アイスモンスター」のオリジナルショップではいつも大行列。 さすがに並んでまでは……と思っていましたが、「UPSTAIRS」では予約なしでもスムースに入店でき、ゆっくり「マンゴーかき氷」を堪能して大満足。まさにマンゴーそのものといった濃厚なお味でした〜。とはいえ、オリジナルショップよりはメニューは少ないのですが、「タピオカミルクティー」もあり、この2つを食べれば「アイスモンスター」は攻略したも同然!? しかもチョコでできたスリーポインテッドスター付き! むしろ「メルセデス ミー」で食べたほうがレアかもしれません。期間限定ですし。そういえば「メルセデス・ミー」が東京ミッドタウンに出展していたときには人気のポップコーン店「ギャレットポップコーン」のカフェが期間限定でオープンし、これも並ばずに憧れのポップコーンをゲットすることができました。 少し前も「MEXTDOOR」に高級チョコレートGODIVAの大人気のチョコレートドリンク「ショコリキサー」もあったし。これからもさまざまなコラボが「期間限定」で実施されると思いますが、メルセデス・ベ ンツという圧倒的なネームバリューと、常に旬なもの、手に入りにくいものに「メルセデス」をトッピングしたオリジナリティは、つい足を運んでみたくなるポイントになるでしょう。 そして私個人としては、あまり多くの人に知られ過ぎるのも困りもの。食べたいときに買えなくなる心配が出てくるので、ほどほどに人気ぐらいが助かります(笑)

  • 吉田由美
  • 吉田由美
  • 吉田由美
  • 吉田由美
  • 吉田由美
  • 吉田由美
  • 吉田由美
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ