日産ファン感涙! 往年の名エンジンがスケールモデルで初登場

業界 WEB CARTOP

「東名パワード」の創立50周年を記念した限定品

 ホビー業界では数少ない完全ハンドメイド、日本国内生産(ほとんどのメーカーの生産は中国)の「1/6スケールのエンジンモデル」をリリースする鳥取県米子市の「日下エンジンアリング」。日産自動車の「スカイラインGT-R」に搭載される名機「RB26DETT」エンジンを皮切りに、これまで6機種23アイテムをリリース。その精密な再現性はスケールモデルファンからの評価も高い。 そんな日下エンジニアリングが2018年8月に追加したのが、チューニングパーツメーカーとして全国に名を馳せる「東名パワード」とのコラボレーションモデル「TOMEI A12」エンジンモデルだ。今年6月に開催された50周年記念パーティーでこのエンジンモデルを鈴木修二会長にサプライズでプレゼントしたいと東名パワードからの熱烈なオファーに、日下エンジニアリングが応える形で実現した。 ちなみに、A12型エンジン(今のエンジンにはない、1.2リッターの直列4気筒OHV2バルブ)はかつて日産の一時代を築き上げた名車「サニー」を筆頭に1970〜1980年代の日産ベーシックカーの多くに搭載された大衆エンジン。 では、東名パワードの50周年を祝う記念モデルとして、なぜこのエンジンが選ばれたのか? それは、東名パワードの前身である東名自動車の創設者であり、チューナー兼日産ワークスドライバーであった故・鈴木誠一氏が、A12型エンジンに独自のノウハウで改良を施し、2代目サニー(B110型)クーペ(マルゼンテクニカ東名サニー)に搭載。1970年11月のデビューレースで、プライベーターながら、ワークストヨタチームを打ち破るという前例のない快挙を成し遂げた。 これよって東名自動車の名は全国に広まり、日本有数のレーシングコンストラクター、そして東名パワードへと続く、エンジンパーツメーカーとしての流れを作っただからだ。これは50歳以上のモータースポーツファンには有名な話! そして、発売に先駆けて、東京・品川で開催された創立50周年記念パーティーでは、レース界、自動車業界の多くのレジェンドから賞賛されたというから、完成度はお墨付きといえよう。

本物と見まごうような最高のクオリティ

 製作も東名パワードの全面協力により、TOMEI謹製のA12型エンジンを3Dスキャン測定し、3Dデータ作成。そして最新3Dプリンターを用いて原型を製作。そして、シリコン型によるレジンキャスト(樹脂)をメインに、アクリル、アルミ、真鍮素材などを組み合わせることで、本物の質感を見事に表現。さらにスケールモデル業界では匠と呼ばれるプロフィニツシャーの監修を経て製品化されるなど、本物感をとことんまで高めている。 とくに、東名自動車A12型エンジンの外観との特徴であるアルミ製のオリジナルシリンダーヘッドの造型、素材感。丸棒のアルミを削り出して製作されたキャブレターのファンネルなどの硬質感が、全体の精巧さをグッと引き上げている。この、ディテール再現への拘りが、マニアから愛される納得の出来ばえを生んでいるのだ。 なお、このTOMEI A12は東名パワード50周年記念のプレミアムモデルであるため、50機のみの限定生産。その証として、硬質なアクリルプレートに東名パワード50周年ロゴが施されたウォールナットの専用台座にはシリアルナンバーが刻印されたスペックプレートが装着され、特別感をさらに演出。これはホビーファンにとって心惹かれるポイントだ。 今も旧車レースで活躍し、熱狂的な愛好家も多いA12型エンジン。当時、1万回転まで回ったと言われるハイチューンドNAエンジンのサウンドに聞き惚れたオールドタイマーファンを含めて魅力的な逸品であることは間違いなし。ぜひ、手に取ってモータースポーツに心を熱くした青春時代に思いを馳せていただきたい!TOMEI A12東名パワード50周年記念プレミアムモデル  4万8,600円(税込み) 本体サイズ:全長90mm×全幅95mm×全高100mm 台座&アクリリケース:幅210mm×奥行き150mm×高さ160mm 付属品:50周年ロゴ刻印専用台座・日本製高級アクリルケース 限定数:50個(商品発送時期2018年10月後半以降) 日下エンジニアリング Modeling事業部 http://kusaka-eng.com/engine

  • A12型エンジン
  • A12型エンジン
  • A12型エンジン
  • A12型エンジン
  • A12型エンジン
  • A12型エンジン
  • A12型エンジン
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ