「クルマがうるさい」と感じたら試すべき5つの対処法

コラム WEB CARTOP

ちょっとした方法でも静粛性を取り戻せる可能性

 クルマというのはエンジンを動かして走っている以上、まったく無音というのは無理。人工的にノイズを消している新型のセンチュリーに乗っても、耳をすませばなにかしらの音はする。 とはいえ、音がするにしても、ノイズ的なイヤな音はできるだけしないほうが快適だ。今回はうるさいと思ったら試したい5つのポイントを紹介しよう。

1)タイヤを変える

 タイヤからの騒音というのは車内に侵入してくる音で大きな割合を占める。路面と溝が当たるので仕方がないのだが、低騒音をウリとしたタイヤに交換すると実感できるほど静かになる。

2)オイルを固いものにする

 0W-16が登場するほど、燃費目的での超低粘度化が進むが、エンジンからの騒音という点では固いものにするといい。固いと油膜がクッションみたいになり、音を吸収してくれるのだ。

3)荷物を降ろしたり、整理する

 荷物を乱雑に積んでいると、各部に当たったりしてカタカタ音の原因なったりする。不要な荷物は降ろしたり、積んでおくにしても整理しておく。

4)各部の増し締めや点検

 足まわりからのコトコト音などは、サスペンションの緩みなどが原因のこともある。また部品的な不具合もあったりするので、プロに点検してもらい、必要に応じて増し締めや調整をしてもらおう。

5)フロアマットの下に遮音材

 フロアというのは面積が広く、路面に接しているので騒音が侵入しやすい場所だ。ホームセンターで薄い板状のスポンジやゴムマットを買ってきて、フロアマットの下に敷くと効果的。ちなみにフロアマット自体も遮音効果はあるので外さないようにしよう。

  • 静粛性
  • 静粛性
  • 静粛性
  • 静粛性
  • 静粛性
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ