レクサスLSとLCのフラッグシップ2モデルが一部改良を実施

業界 WEB CARTOP

高級モデルにふさわしい走りに磨きをかけた

 レクサスは、フラッグシップセダンのLSとラグジュアリークーペのLCに一部改良を施し、8月30日より発売を開始した。 LSは、AWDモデルのショックアブソーバーに伸圧独立オリフィスを採用。これにより減衰力可変幅が拡大し、摩擦低減効果も相まって乗り心地が向上している。また、ハイブリッド車のエンジンサウンドや変速制御のチューニングや制振材の追加などにより静粛性も高めている。 また、レクサスセーフティセンス+を標準仕様にも採用。昼間の自転車運転者や夜間の歩行者も検知可能な「プリクラッシュセーフティ」、自動車専用道路などで同一車線内中央を走行できるよう操作支援する「レーダークルーズコントロール」と「レーントレーシングアシスト」などが可能になる。 LCは、ステアリングサポートのアルミダイキャスト化による剛性の向上、ブッシュの特性を変えることによってステアリングフィールを向上させた。また、LSのAWDモデル同様に、伸圧独立オリフィスを採用して乗り心地と操縦安定性を向上させた。また、ブレーキ制御やハイブリッドシステムのチューニングによって、より滑らかな加減速を可能とした。

  • レクサス
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ