国産車ではかなりレア! スーパーチャージャーでファンを魅了したクルマ7選

コラム WEB CARTOP

軽自動車に搭載をしてラリーを優勝したモデルも

 スーパーチャージャーとはエンジンの過給器システム全般で、じつは広義ではターボチャージャーも含まれる。 だが一般的には、クランク軸からの出力によって過給器を駆動する機械式過給器をスーパーチャージャー、排気ガスの圧力を使って過給するのをターボチャージャーと区別している。スーパーチャージャーは低回転域からも過給がかかり、小排気量車にも向いているなどのメリットがある。 スーパーチャージャー搭載車といえば映画マッドマックスの黒いインターセプターが有名だが、国産車にも少数ながらスーパーチャージャー搭載車は存在した。その代表的な車種を7台ほど挙げてみよう。

1)トヨタMR2(AW11)

 初代トヨタMR2(AW11)の後期型にスーパーチャージャー付の4A-Gエンジンがあった。AE86にも搭載された1.6リッターの直4ツインカムエンジンは、低速トルクは大きくなく、それを補完する意味でスーパーチャージャーを装着。NAの4A-Gが130馬力だったのに対し、スーパーチャージャー付は145馬力にスープアップ。スーパーチャージャーを駆動するベルトのプーリーを大径化し、ブーストアップするチューニングも流行った。

2)日産マーチ・スーパーターボ

 R32がデビューした1989年の登場となった、ターボチャージャーとスーパーチャージャーという二つの過給器を一台のエンジンに追加した「全部乗せ」仕様の日産マーチ(EK10)があった。モータースポーツのレギュレーションで、過給器係数をかけても1.6リッタークラスに収まるよう、エンジンの排気量をわざわざ57cc程ダウンさせ、930ccに設定。 低回転域はスーパーチャージャー、高回転はターボで瞬発力と高回転の伸び(110馬力)を両立するコンセプトで、「ダブルチャージ」と称していた。 だが、もともとシステムが大きく重いスーパーチャージャーにターボまで加えた結果、車重そのものは770kgと軽量だったが、重量バランスはフロントヘビーに片寄っていて、できのいいクルマとは言えなかった。

3)スバル・ヴィヴィオ

 軽自動車としては驚異的なパフォーマンスを持った画期的な一台として1992年に登場したヴィヴィオ。660ccでは3気筒が主流だったのに対して、直列4気筒+スーパーチャージャーという強力無比なパワーユニットを与えられ、それを4WDで地面に伝達した(FFもあった)。 新設計のシャシーも強固で、あの世界一過酷なテストコースと言われる、ドイツのニュルブルクリンクでもテストを実施。筑波サーキットでもセリカやシビック、70スープラに匹敵するタイムを出していた(1分13秒台)。1993年のサファリラリーではクラス優勝し、一時はトヨタワークスのセリカよりも上位を走っていたほど。 ピークパワーは軽自動車の自主規制だった64馬力だが、スーパーチャージャー効果で低回転からトルクが厚く、高回転もきっちり伸びて大きなクルマをカモれる実力を持った軽自動車だった。

4)トヨタ・カローラ・レビン/スプリンター・トレノ(AE92)

 AE92はFFになった最初のカローラ・レビン/スプリンター・トレノだ。レースやストリートでも、直接のライバルは同じ1.6リッターのホンダ・シビック。ホンダには伝家の宝刀VETCを積んだリッター100馬力の名機=B16A(160馬力)があったが、トヨタの4A-Gは120馬力……。マイナーチェンジでハイオク仕様になり、圧縮比アップで140馬力になったが、まだシビックには届かない。 そこで、スーパーチャージャーを投入した。後期型では165馬力になって、クラス最高出力となったが、NAと過給器付き比較されても……。当時はけっこう売れたが、残っている個体は少ない。

5)トヨタ・エスティマ

 1990年にデビューした初代トヨタ・エスティマはコンセプト、パッケージ、デザイン、ハンドリングといったさまざまな面でミニバン史上に残る傑作。2.4リッターの直列4気筒エンジンを傾斜搭載してミッドシップ化するなど、非常に画期的な一台だった。 ただし、そのエンジン=2TZが135馬力しかなく、1.7トンクラスのエスティマには、ちょっとパワー不足だったという印象もあり、1994年にスーパーチャージャー付の160馬力仕様を追加。 日産はセドリック・グロリア、そしてスカイラインなど、早くからターボ路線のイメージを構築していったのに対し、トヨタは一時期スーパーチャージャーの車種を増やしていった。 しかしターボの進化やサイズの多様化に対し、スーパーチャージャーはユニットの大きさと重さ、メカニカルノイズ、高回転の伸びの悪さなどの欠点を克服できず、やがて姿を消していく。エスティマでは、燃費の悪さもネックとなった。

6)三菱デボネアV

 三菱デボネアにスーパーチャージャーがついたのは、1987年。クライスラーが開発した2リッターV6エンジンは105馬力……。三菱のお家事情で、5ナンバー枠のボディが与えられていたが、節税しながらもう少しパワーをということでスーパーチャージャーが追加され、150馬力に! それとは別に、3リッターのNAエンジン搭載モデルもあった。高級車なのに全車FFというのも特徴だ。 ちなみに先代のデボネアは、22年間も製造された長寿モデル(「走るシーラカンス」の異名)だったが、スーパーチャージャーが用意された2代目は、1992年までの6年間に2万8007台が製造されて姿を消した。このデボネアVと、初代セルシオが3年間、同じ時期、同じマーケットで売られていたのが信じがたい。

7)日産・ノート

 現行車でスーパーチャージャー車といえば日産ノートぐらい。ポンピングロスなどを減らしたミラーサイクルの1.2リッターエンジンに、スーパーチャージャーをプラスして、低回転域から1.5リッターエンジンに匹敵する力強さと低燃費を追求している(HR12DDRエンジン)。 しかしノートといえば圧倒的にe-POWERのイメージが強いので、スーパーチャージャーの影は薄い……。

  • スーパーチャージャー
  • スーパーチャージャー
  • スーパーチャージャー
  • スーパーチャージャー
  • スーパーチャージャー
  • スーパーチャージャー
  • スーパーチャージャー
  • スーパーチャージャー
  • スーパーチャージャー
  • スーパーチャージャー
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ