オイルショック&排ガス規制のクルマ暗黒時代! それでも若者のハートを鷲掴みにした70年代の国産車5選

コラム WEB CARTOP

不遇の時代でも光り輝くクルマが存在した!

 時代ごとに憧れたクルマというのは違う。1970年代はオイルショックが襲い、クルマにとって不遇の時代へと突入。さらに公害が問題になって、排ガス規制も強化されたことから、スポーツカーは消滅。残ったとしても軒並みパワーダウンした、まさに暗黒期だ。 とはいえ、1970年代初頭は1960年代からの流れで、スポーツカーが熟成していたし、そのあとの手足をもがれた状況でも、そのなかで憧れたクルマたちはあった。マイカーブームが到来して徐々にクルマが身近なものになりつつあったが、まだまだ庶民は中古車を買うのがやっとという時代でもあった。そのなかで、庶民が憧れたクルマたちを5台紹介しよう。

1)日産スカイラインGT/GT-R(ハコスカ)

 ハコスカにGT-Rが加わったのが1969年のこと。レースでの活躍もあり、大人気となったが、価格は150万円と今の感覚でいうと2000万円ぐらいのプレミアムスポーツな感じ。L6を積んだGTは100万円を切っていたが、それでも1000万円ぐらいの感じだった。庶民が買えたのは直4搭載のショートノーズ(大ヒットにはなっていた)で、6気筒への憧れはかなりすごかった。

2)日産フェアレディZ432/240ZG

 フェアレディZもスカイラインと同じく、相当な憧れだったが、こちらでGT-R的な存在だったのが、同じS20を積んだ432だ。さらに逆輸入的に登場したのが240ZGで、Gノーズと呼ばれたグリルレスノーズやオーバーフェンダーなどで別格の存在だった。ZGも価格は150万円で買えるわけもなく、庶民は社外のGノーズキットを付けて楽しんでいた。

3)日産チェリーX-1 R

 当時まだ特異な存在だったFFを採用しつつ、スポーツグレードも登場したことで、クルマ好き庶民の憧れを集めた。星野一義ドライブによるマイナーツーリングレースでの活躍も拍車をかけた。しかし、せいぜい買えてもX1止まり。価格は65万円だったが、それでも高くて買えなかったし、実用性が低いクーペだけになおさらだった。それゆえ、生産台数は3000台ほどだった。※写真はチェリーX-1

たとえ商用車でもレジャーに使えると若者に大人気

4)ホンダZ

 普通車は若者には手が届かない存在だっただけに、人気を博したのが軽自動車だ。1960年代から各社ともパワー合戦を繰り広げていたが、1970年代に入るとさらに過激化した。ただし、ハイパワーモデルとなると軽自動車でも価格は高く、新車でも40万円以上で、もちろん買えるはずもなかった。 庶民は低級グレードで楽しんでいたのだが、そこに登場したのが、ホンダのZだった。軽初のハードトップを採用したボディはスポーティで、リヤの水中眼鏡と呼ばれたウインドウも斬新だった。

5)ホンダ・ライフステップバン

 こちらは憧れをいただきつつ、比較的手に入れやすかったクルマだ。もともとは商店の配達を想定していたが、ヒッピー、そしてサーファーが好んで乗った。それだけにカルチャーと結びつき、若者の憧れ的な存在だった。

番外編)トヨタ・クラウン

「いつかはクラウン」というお馴染みのフレーズはまさに庶民の憧れだが、1970年代に限れば、1971年登場の4代目が個性的過ぎ(いわゆるクジラクラウン)で不発。 5代目もロイヤルサルーンが登場するが、排ガス規制の影響が……。そしてライバルの日産セドリック/グロリアも強くて、それほどでもなかった。白いクラウンなどで独自路線を築くのは1980年代から。ちなみに「いつかはクラウン」も1983年登場の7代目のコピーだ。

  • 憧れのクルマ
  • 憧れのクルマ
  • 憧れのクルマ
  • 憧れのクルマ
  • 憧れのクルマ
  • 憧れのクルマ
  • 憧れのクルマ
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ