ナンバーの詳細までクッキリ! 4K画質のドライブレコーダーがデータシステムブースに登場【東京オートサロン2019】

業界 WEB CARTOP

ハイビジョンの4倍の解像度を実現

 交通トラブルによる凄惨な事件が発生して以来、ドライブレコーダーへの注目が高まり、同時に技術的進歩のスピードもグッと増している。 とくに高精細な映像を実現するための画素数の向上はめざましい。そんなドライブレコーダー市場に一石を投じるのが4K録画を実現したデータシステムの「DVR3400」であり、千葉県幕張メッセで開催されている東京オートサロン2019で発表された。 テレビ放送などで一般的になってきた超高画質「4K」は、画素数829万画素(3840×2160px)と従来のフルハイビジョンの207万画素(1920×1080px)の4倍の画素数を誇る。カンタンにいえば4Kのようにデータ密度が高くなれば、細かい部分までクリアに見えるというわけだ。 データシステムのドライブレコーダー「DVR3400」は、まさに業界最高レベルの4K超高精細録画を最新鋭プロセッサとCMOSセンサーの採用によって実現。フルハイビジョンの4倍も鮮明な映像録画が、万一の事故や交通トラブルでもハイレベルな画質の記録を残すことができる。 データシステムのブース内のデモ映像を見ると、4Kとフルハイビジョンの映像の「差」はかなり大きい。とくにナンバープレートを拡大したとき、4Kでは登録地域や平仮名までハッキリと確認できる。 さらに劣化しにくく透明性が落ちにくい7層ガラスレンズは、F値(レンズの絞り)が1.8という明るさで、夜間映像も鮮明に録画を可能としている。このほか、車線逸脱警告機能など、映像記録以外の安全装備も追加されている。  さらに同社では、フルハイビジョンの1.8倍の解像度2560×1440pxのWQHD仕様「DVR3200」も同時に発表。こちらは、高画質・高解像度録画だけでなく、駐車監視機能やオプションでリヤカメラを設定するなど拡張性が高いモデルだ。 いずれも現在は開発中だが、データシステムとしては今春くらいから順次リリースを開始する予定だという。 【詳しくはこちら】 データシステム https://www.datasystem.co.jp/

  • データシステム
  • データシステム
  • データシステム
  • データシステム
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ