この3列目は使えない! 6人以上で乗るなら選ばないほうがいいミニバン&SUV5選

コラム WEB CARTOP

椅子はあるけれど日常的に座ることは厳しい!

 ミニバンだけでなく、最近はSUVにも3列シート車が続々登場している。しかし、その3列目席、“大人が乗る”前提なら、ミニバンならM&Lクラスボックス型以上、SUVではマツダCX-8やボルボXC90クラスの大きさ、ホイールベースにならないと、けっこうきびしい。実際、コンパクトミニバン、ミドルクラスSUVの3列目席は、小柄で細身の人、もっと言えば子供専用席だったりするのである。 加えて、2列目席がベンチタイプの背もたれが高めのシートだと、3列目席に座った時に2列目席の背もたれが壁のように立ちはだかり、実際のスペースより狭く感じたりするからやっかいだ。 ここでは、日常的に大人が6人以上乗車する機会が多いなら、要考慮したい3列シートのミニバン、SUVをピックアップしてみた。

1)ホンダ・ジェイド

 去年、満を持して2列シートのワゴンタイプを登場させたジェイドの3列目席は、はっきり言って狭い、乗りにくい、である。3列目席の寸法は座面長440mm、座面幅855mm、シートバック高580mmとコンパクトで、特に幅方向はかなり狭い。しかもフロアとシートの段差が小さく、体育座りを強要される。たとえばかつてのストリームの3列目席はクッション長440mm、シートバック高570mmとほぼ同等だが、クッション幅は990mmもあったのだ。 したがって、3列シートのジェイドは3列目席を格納し、2列目キャプテンシートの独立4座のスタイリッシュサルーンとして使うのが正解。おっと、そうすると、4人しか乗れませんが……。そもそも7人も乗ったら、ジェイドらしい活発でスポーティーな走りは望めなくなる。結論としては、ジェイドは5人乗りでワゴンのようなラゲッジルームを備えた2列シート5人乗りを選ぶのが正解。ジェイドの名誉のために付け加えると、2列シートのRSは素晴らしくいい!! ホンダらしい生粋のスポーツワゴンである。

2)三菱アウトランダー

 同じ三菱のSUVでもじつは格上のパジェロより室内空間が広いのが、アウトランダー。そのガソリン車には3列シート、7人乗りが存在する。が、3列目席使用時のラゲッジスペースの奥行きは約35cmでしかなく、7人の荷物の置き場に困って当然。しかも3列目席はあくまで補助席的であり、大人が座るにはかなり窮屈。もちろん、売れているのは2列シート仕様。 アウトランダーの7人乗りを購入するのであれば、なんとかその仕様の試乗車、展示車を用意してもらい、実際に3列目席の実用性を確認する必要がある。走破性抜群の3列シート、7人乗りのクルマを望むなら、3列目席にゆったりとしたスペースを備えた、ミニバンの皮をかぶった本格SUVと言える、間もなく発売される新型デリカD:5を待つことだ。

3)BMW2シリーズグランツアラー

 BMW2シリーズグランツアラーの3列目席はシートサイズ、居心地ともに子供専用席そのもの。大人が座るにはまったく不向き。 愛犬や小さな子供専用席と考えたい。3列目席は格納し、緊急席付きの2列シートのスポーツワゴンとして使うのが正解だ。そもそも、2シリーズグランツアラーに7人乗っている姿は、美しくない……。 と、ここまでが、3列目席に過大な期待を抱いてはいけない3台。ここからは、3列目席がそこそこ使えるものの、さすがにMクラス&Lクラスボックス型ミニバンのようにはいかない……3列シートモデルである。

座れるものの長時間乗車は厳しいモデルも

4)VWゴルフトゥーラン

 走りの質感、乗り心地、トルキー極まる動力性能、先進安全支援機能では文句なしのトゥーラン。ミドルサイズのヒンジ式ミニバンとしては希少な存在かつ出来のいいツアラーだ。 その3列目席の乗降は、2列目席のレバーを引くだけのイーシーアクセス機能で乗降幅が約31cmと広く、ルーフも高めなので楽々快適。3列目席のスペースも身長172cmの乗員基準で頭上方向に90mm、ひざまわり方向に0~40mm(2列目席のスライド位置による)ほどのスペースがあるから、2列目席を前にスライドしてもらえば、空間的には決して狭すぎない。 が、フロアに対してシート位置が低く、いざ着座すると腰だけで体重を支えるような体育座り姿勢を強要され、乗り心地も1、2列目席の超快適度とは別物で、段差などでのショックが直接的に伝わってくるのが惜しいところ。 加えて1、2列目席の抜群の静かさに比べ、リヤまわりからのロードノイズもやや気になりがち。カップホルダーや小物入れもあって便利なのだが、大人が快適に長時間座われる空間ではない。3列目席は格納し、大空間ゴルフヴァリアント=ステーションワゴンとして使えば、文句なしである。

5)レクサスRX450h L

 ミニバンを持たないレクサスにラインアップされる3列シートモデルがRX450h L。3列目席は意外なほど乗降性に優れ、専用エアコン吹き出し口が備わる空間なのだが、頭上、ひざまわり空間の制限から快適に座れるのは身長160cmぐらいまでと考えていい。 しかも、着座感は2列目席が壁のように立ちはだかるイメージ。北米仕様にある2列目セパレートシート(6人乗り)仕様なら、前方見通し性や車体内側の足を投げ出せるので、快適度が増すはずだが、日本仕様は今のところ2列目ベンチシートの7人乗りのみ。実際のスペースより窮屈に感じられるのが惜しい。 そのほか、プジョー5008、シトロエン・グランドC4スペースツアラーの3列目席も補助席的だ。 とはいえ、上記の3列シート車も、普段、3列目席を格納して大容量2列シート車、ワゴン、スペースSUVとして、あるいは3列目席にペットや小さな子供を乗せる用途で使うなら、まったく問題ないことも付け加えておこう。いざという時に3列目席があるとないのとでは大違い。「3列シートは2列シートを兼ねる」が、「2列シートは絶対に3列シートを兼ねない」である。もっとも、そのいざという時がどのぐらいの頻度であるかは、ユーザーそれぞれではあるのだが。 ちなみにホンダ・フリード、トヨタ・シエンタの3列目席は、コンパクトなサイズながら、ゆとりある全高、優れたパッケージ、乗降性によって、大人でも不自由なく乗り込め、座れる空間である。

  • 3列シート
  • 3列シート
  • 3列シート
  • 3列シート
  • 3列シート
  • 3列シート
  • 3列シート
  • 3列シート
  • 3列シート
  • 3列シート
  • 3列シート
  • 3列シート
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ