電気自動車だって楽しみたい! 青がまぶしいリーフAUTECHは走りも期待大【大阪オートメッセ2019】

業界 WEB CARTOP

インテリアにもブルーが施され質感を追求

 セレナ、ノート、Xトレイルに続く、オーテックシリーズの第4弾はリーフ。どのグレードをベースにするかは検討中とのことで、まだ動力系のチューニングには手を付けていないが、オーテックブルーのカラーリングやグリルのモチーフ、ドアミラーやフロントリップのシルバーのあしらい方などは、オーテック仕様の共通のコンセプトを踏襲している。 インテリアも、ブルーのステッチを使ったインテリアなどもお馴染みのデザインである。 リーフには、ピュアスポーツをテーマにした日産リーフNISMOもあるが、リーフAUTECHのテーマは、「プレミアムスポーティ」。スポーティさを追求する点では、どちらも同じだが、オーテック仕様ではスポーティに加え、クルマの質感や、上質さを求めるユーザーに応えるクルマ作りを目指している。

先行して登場しているリーフNISMOから走りが想像できる

 このようにエクステリア、インテリアはオーテックらしさを前面に出しているが、足まわりやドライブモードは、日産リーフNISMOをベースにチューニングされる予定。 おそらく、動力性能については、先行しているノートe-POWER AUTECHとノートe-POWER NISMOの関係が、リーフAUTECHでもモデルになるだろう。 市販化のタイミングはまだもう少し先になりそうだが、ノーマルとはひと味違うモータードライブ世界が、リーフAUTECHからも広がっていきそうだ。

  • オーテックリーフ
  • オーテックリーフ
  • オーテックリーフ
  • オーテックリーフ
  • オーテックリーフ
  • オーテックリーフ
  • オーテックリーフ
  • オーテックリーフ
  • オーテックリーフ
  • オーテックリーフ
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ