走りのSTIがハイブリッド車をも変身! WRX STIのシステムを採用したフォレスターの衝撃【大阪オートメッセ2019】

業界 WEB CARTOP

車高を20mm下げて走り系のイメージに

 これまで、レヴォーグ、BRZ、S4というラインアップを揃えてきたSTI Sport。そのSTI Sportをいまのスバルの中心的車種になっているSUVにも広げるプランがあり、SUVのなかでもとくに人気の高いフォレスターのスポーツカスタムを提案する一台として大阪オートメッセ2019に持ち込まれたのが、この「フォレスターAdvanced Sport CONCEPT」。 ダイレクトに、「STI Sport」というネーミングにはなってはいないが、ハイブリッドのe-BOXERを搭載したフォレスター Advanceをベースに、スポーツテイストを前面に打ち出すカタチで仕立ててきて、多くのフォレスターユーザーから、熱い視線を集めていた。 気になるのは、まずボディカラー。カタログモデルには設定されていない「ファイターグレー」という非常に深みのあるグレーで、フォレスターにはピッタリマッチ! 足まわりはけっこう凝っていて、19インチのハブやブレーキシステムを、WRX STIからごっそり移植。フロントブレーキには、ブレンボの6ポッドのモノブロックキャリパーを投入し、ストッピングパワーを強化。 19インチホイールと19インチのサマータイヤを履き、車高も20ミリほどローダウン。SUVのフォレスターの車高を下げることで、安定性を高め、ルックス面も含め、よりオンロード指向に振ったフォレスターのあり方を提案している。

内装にもSTI Performanceの文字

 また、ボディの前後・左右の下端は、ブレーキキャリパーの色に合わせ、蛍光イエローのラインをあしらっている。 同じく、シートやドアの内張りにも、蛍光イエローのラインを入れて、エクステリアとインテリアの統一感を出している。 ドアトリムにさりげなく入っている「STI Performance」のロゴも、ひと味違う質感に。 とくにシートは、素材もデザインもオリジナル。これまでのSTI Sportのインテリアは、ボルドーとブラックの組み合わせで、どちらかというとシックな印象だったが、この「フォレスターAdvanced Sport CONCEPT」では、ボルドー系から趣を変えて、ファミリーユーザーも意識した少しカジュアルな方向のものを試している。 STIの森 宏志・開発本部長も「このフォレスターとインプレッサは、新開初のSGP(スバルグローバルプラットフォーム)を採用しているので、本当にしっかりしたボディ剛性が得られています。このプラットフォームのおかげで、サスペンションがしっかり動き、しなやかで強靭な足を作れる素地があるので、今後はSUV系も低重心で安定していて、オンロードで気持ちいい走りを提供していきたいと思っています」と語ってくれた。 会場でも、「こんなフォレスターならすぐにでも欲しい」という声が多く聞かれ、スバルとしても、こうしたリクエストに後押しされて、市販化を前向きに検討中とのこと。カタログモデル入りするのがじつに楽しみな一台だ。

  • フォレスター
  • フォレスター
  • フォレスター
  • フォレスター
  • フォレスター
  • フォレスター
  • フォレスター
  • フォレスター
  • フォレスター
  • フォレスター
  • フォレスター
  • フォレスター
  • フォレスター
  • フォレスター
  • フォレスター
  • フォレスター
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ