ショーファーカーをスポーティにカスタム! 世界に2台のセンチュリーGRMNを展示【大阪オートメッセ】

業界 WEB CARTOP

箱根駅伝でも話題となった「センチュリーGRMN」

 2019年の箱根駅伝に先導車として登場した、白の「センチュリーGRMN」を覚えている人も多いだろう。あの「センチュリーGRMN」は2台作成され、一台は箱根駅伝のあの白い個体。そしてもう一台、同スペックの黒の「センチュリーGRMN」が、大阪オートメッセ2019に展示されていた。 この「センチュリーGRMN」、どこがスペシャルかというと、まずグリルがアルミの一体からの削り出しによる逸品。フロントリップ、サイド、リヤの下まわりのエアロもオリジナル。 タイヤは、純正の18インチを19インチにインチアップし、それに合わせフロントブレーキも大径ローター&キャリパーに交換されている。 サスペンションは、エアサスとダンパーを専用チューニングし、GRブランドにふさわしい操安性を与えている。 開発にはトヨタのマスタードライバーも関わってチューニングを行い、はじめから2台しか製作する予定がなかったにもかかわらず、丹念に走り込んで、ドライビングの意のままに、なおかつドライビングプレジャーの味わえるセンチュリーを目指したという。 ちなみに箱根駅伝で、「センチュリーGRMN」のハンドルを握ったのは、トヨタの関係者ではなく、箱根駅伝の大会運営サイドが選んだプロドライバーが担当したとのこと。 箱根駅伝終了後も、豊田章男社長や副社長が普段の移動に使っていて、その証拠に大阪オートメッセ2019の会場には、冬使用のスタッドレスタイヤで登場。普段のタイヤは、アドバンスポーツのV105を履かせている。

今後の展示予定はナシ!

 そもそもセンチュリーのようなクルマをカスタマイズするきっかけは何だったのか? じつは2017年の東京モーターショーでの、豊田章男社長のトークショーでのコメントがきっかけだったという。 このとき豊田章男社長は、「3代目センチュリーは、すごくフォーマルなクルマとして出来上がりました。これだけ完成度が高いので、今度は私(豊田社長)が乗れるような、ちょっといかしたGRMNを作りたい」と語り、そこから実際の開発に発展したのだ。 言うまでもなく、センチュリーはショーファーカー。「ショーファー」とは、フランス語で「お抱え運転手」という意味で、オーナーの乗車ポジションは後席が基本のクルマ。いわゆるドライバーズカーとはある意味対極にあるわけだが、「センチュリーGRMN」ではショーファーカーとして後席に乗ればもちろんコンフォート。ハンドルを握っても楽しく、傍からもスポーティに見える、GRの意志を持ったクルマに仕上げている。 GRMNということで、パワートレイン系まで手を入れるのが基本だが、この「センチュリーGRMN」に関しては、「必要十分なレベルに達しています」というだけで、詳細なことは明らかになっていない(おそらく、パワートレイン系はノーマルのまま)。 ボディの輝きも尋常ではないが、もともとセンチュリーは7層塗装で、すごく艶のある塗装なので、ボディ本体の塗装はベース車のまま。ただし、追加したエアロパーツは、銀幕を張ってその上に色を重なる、特殊な銀鏡塗装をトヨタとしてはじめて採用。 前記のように、今回の大阪オートサロンのようなイベントを別にすれば、「センチュリーGRMN」は普段豊田社長や副社長の移動に使われているので、どこかのショールームなどに展示される予定は基本的にない。 ひと目実車を見ておきたいという人は、大阪オートメッセの会場に足を運ぶか、愛知県豊田市のトヨタ本社か、東京文京区のトヨタ東京本社周辺に行けば、ひょっとしたら街中を走っている「センチュリーGRMN」を見かけることができるかもしれない!?

  • センチュリーGRMN
  • センチュリーGRMN
  • センチュリーGRMN
  • センチュリーGRMN
  • センチュリーGRMN
  • センチュリーGRMN
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ