発売が待ち遠しい! ダイハツ・コペンGRスポーツコンセプトのキーマンを直撃【大阪オートメッセ2019】

コラム WEB CARTOP

トヨタ車以外で初となるGRのDNAを受け継ぐモデル

 2月9日(土)より11日(月・祝)までインテックス大阪で開催中の「大阪オートメッセ2019」。3ホールのダイハツブースでは、3台の新たなるコペンがメインステージに展示している。 そのうちの1台である「コペンGRスポーツコンセプト」は、トヨタガズーレーシングと連携してダイハツが市販化に向けて開発を進めているコンプリートモデルだ。 この新たな「GR」に施されれるであろうチューニングメニューについて、ダイハツ工業 事業・商品部 商品企画室の殿村裕一主査に聞いた。──コペンGRスポーツが目指す走りの方向性は? 殿村:GRシリーズに共通するポリシーである、圧倒的な安心感と意のままに操る喜びを実現するため、スプリングとダンパーのセッティングを見直したほか、ボディ剛性にも手を入れることで、フラットな乗り心地と操縦安定性を高次元でバランスさせることを目指しています。 コペンGRスポーツコンセプトのベース車はビルシュタイン製ダンパーやレカロシートなどを装着する「ローブS」ですがダンパーはKYB製で、標準仕様とも異なる専用セッティングとなります。──内外装の変更点は? 殿村:こちらもGRシリーズに共通の「ファンクショナルマトリクス」グリルを持つ前後バンパーを採用したほか、前後ランプのベース色を黒にしました。インテリアはシート表皮をグレー、加飾パネルをブラックに変更して、質感を高めています。

トヨタディーラーでも購入できるよう準備中

──ボディ剛性の向上も図られているようですが、具体的な変更点は? 殿村:トヨタガズーレーシングの「凄腕」チームからご助言をいただき、サスペンション取り付け部を中心にスポット溶接の位置を見直しました。またフロア下にブレースを追加して、ホイールベース間にあるX字状のブレースとサスペンションメンバーを連続させています。──アンダーフロアを含めた空力に関してはいかがでしょうか? 殿村:アンダーフロアだけではなく、前後バンパーの変更に合わせ、その内側での空気の抜け方も見直すことで、空気抵抗の低減と操縦安定性の向上を図っています。──これだけの変更内容となると、価格がどの程度上昇するのかが気になります。 殿村:ダイハツは軽自動車のメーカーですから、あまり高い価格設定をしても、お客さまに受け入れてもらえません。200台限定のコペンクーペでも250万円程度ですから、それを切る価格を目指したいですね。──発売はいつ頃になりそうですか? また、ダイハツさんとトヨタさん両方の販売店で取り扱う計画でしょうか? 殿村:発売は年内を目指しています。トヨタさんとダイハツ、どちらのお店でも買える予定ですので、より多くの方にコペンにお乗りいただきたいと思います。──ありがとうございました。

  • オートメッセ
  • オートメッセ
  • オートメッセ
  • オートメッセ
  • オートメッセ
  • オートメッセ
  • オートメッセ
  • オートメッセ
  • オートメッセ
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ