安全第一のボルボが180km/hリミッターを世界的に採用! 速度引き下げは効果があるのか?

コラム WEB CARTOP

じつは欧米の制限速度も日本と大きく変わらない

 2019年3月に入ってすぐ、ボルボカーズが衝撃的かつチャレンジングな発表をした。それは「2020年、ボルボの新車に対してグローバルに180km/hの速度リミッターを装備する」というものだ。これは2020年までにボルボの新型車において、交通死亡事故や事故による重傷者をゼロにするという野心的な目標の一環として施される新しい提案だが、そこにはどのような狙いと意味があるのだろうか。 ドイツ・アウトバーンに速度無制限の区間があるため、欧州全体として高速でのスピードが速いというイメージもあるかもしれないが、ドイツ以外の欧州では高速道路の制限速度は110〜130km/hとなっている。またアメリカの制限速度は州によって異なるが、おおよそ104〜128km/h(マイル表示をkm/hに換算した数値)となる。日本の100km/hほどではないが、各国ではそれなりの速度で制限しているのだ。その意味からするとボルボが180km/hの速度リミッターを標準装備しようが、しまいが法的には状況は変わらない。 ただし、どの国でもスピード違反をするドライバーは存在する。ボルボの発表によれば、2017年のアメリカにおける交通事故死者の25%は速度違反に起因する事故によるものだという。仮に、道路環境に応じて最適な制限速度が設定されているとすれば、スピード違反の速度域というのはドライバーが的確に車両をコントロールするのが難しい状況にあると考えられる。

交通環境に合わせて変わる速度リミッターも検討中

 さらに速度が高いと事故の被害が大きくなりがちだ。運動エネルギーは速度の二乗で大きくなるという物理法則の基本による理由であり、いくら自動車メーカーが丈夫な車体を作ったとしても、速度が上がってしまうと設計値を超えてしまいカバーしきれない。それでもドライバーが危険なレベルで速度違反をしてしまうのは、速度を出すことのリスクを理解できていないから、というのもボルボの主張だ。 今回、速度リミッターを180km/hにすると発表することにより、そうしたリスクや速度オーバーの危険性についての議論を呼ぶことも狙いだという。 加えてテクノロジーの進化に合わせ、道路環境に応じた速度リミッターが自動的に作動する「スマートリミッター」と呼べるような技術開発についてもボルボは示唆している。学校や病院の近くを走っているときに路車間通信などを利用して、強制的な速度リミッターを作動させることのメリット・デメリットについての議論も必要となってくるだろう。 ボルボの発表ではソフトに表現しているが、ルールを決めてもドライバーに守る意思がなければナンセンスというわけだ。 そして、速度違反を常習的に行うドライバーのなかには「スピード中毒」といえる人物も存在するであろうという仮説も、ボルボがスマートリミッターを提案する理由のひとつ。違反であっても速度を出すという自由を守るべきかどうか、考えるべき時期になっているのかもしれない。

  • 速度リミッター
  • 速度リミッター
  • 速度リミッター
  • 速度リミッター
  • 速度リミッター
  • 速度リミッター
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ