昔の「意識高い系」が乗った! かつてそこら中で見かけたバカ売れ輸入車10選

コラム WEB CARTOP

スマッシュヒットを飛ばす輸入車は90年代にも多数あった

 売れまくった輸入車。現在では輸入車そのものが売れまくっている。直近ではだいたい年間35万台で推移していて、バブルのときを除けばここのところ過去最高を少しずつ更新している。それだけ、馴染みが出てきたとも言えるし、それゆえに目立った大ヒットがあまりないようにも思える。しかし、過去にはバカ売れした輸入車はあった。今回は90年前後を中心に振り返ってみよう。

1)フォルクスワーゲン・ゴルフ

 国内だけで今までに約85万台が売れたゴルフ。初代からかなり売れたのだが、当時としては実用輸入車という点でも珍しく、国産車の代わりに自家用車として購入した人も多かった。また、黄色のボディカラーもあったことから、目立ったというのもあるだろう。 その後、人気は継続して、ドイツのカローラとまで呼ばれたほどだ。

2)BMW3シリーズ

 E30と呼ばれる、2代目3シリーズ。バブル時期に売られていたことから、大ヒット。六本木のカローラとして今でも語り草だが、ホントに街のあちこちで見かけたものだ。

3)メルセデス・ベンツ190

 3シリーズの対抗馬が、こちらで、通称小ベンツ。チャラいおにーさんや派手派手なおねーさんというより、奥様の足として愛されていた感じだ。実質はその後のCクラスにつながるが、小さいながらもEクラスということもあり、作りはかなり高級だった。

4)プジョー205 CTI

 ホットハッチ好きにはGTIだったが、女の子はオープンのこちら。もちろん自分でセコセコ貯めて買ったというより、買ってもらったのが多かった。ボディカラーは赤ばかりだった。

クルマ好き以外でも見た目ならわかるオシャレな小型車も売れた

5)オリジナル・ミニ

 今でもかなり見かけるが、そこそこ安かったし、ローバーが最終期は扱っていたので、ディーラー網もしっかりしていたのはあるだろう。また、ATがあったのもヒットした理由のひとつだ。 ちなみに何度も生産中止の噂が出たが、日本でまだ売れていたので継続したというエピソードもあり。

6)ランチア・デルタ・インテグラーレ

 WRCで破竹の勢いというのもあって、ランチア自体今では考えられないが、かなり売れたし、実際に街でもよく見かけたものである。本国イタリアではデルタといえば、ただのFFハッチバックで足グルマ。それが迫力のブリスターフェンダーや羽根を付けたエボモデル、エヴォルツィオーネまで登場。インテグラーレが日本で売れているのは信じられないとイタリア人は言っていたが、ミニと同じで、日本で売れているからということで延命。 エボリューションの最後であり、インテグラーレ自体の最後を記念した、コレッツィオーネはなんと日本専用モデル。しかも受注が多くて、200台から250台まで増やされたほど。

7)ボルボ240

 ボルボといえば、今でも絶好調だが、その礎は1990年前後にあったといっていい。走るレンガと呼ばれ、衝突安全も含めて、とにかく安全性にこだっていたのが評価されただけでなく、エステートと呼ばれたワゴンがなんだかおしゃれだった。 ほかの740も同様に売れたが、少し遅れて登場した850は当時ブイブイ言わせていた業界人に受け、並行輸入も活発に行われたほど。

8)アウディ80

 それまでのアウディがVWとの兄弟車色が強かったのだが、1986年に登場した3代目はデザインも独自色が強くなり、クリーンなセンスのよさをアピール。それゆえ、メルセデス、BMWは皆さん乗ってらっしゃるわ、という奥様、お嬢様向けに大ヒットした。赤い80というのは時代のアイコンでもある。

9)フィアット・パンダ/ルノー5

 バカ売れというほどではないが、ディーラー網がまずまず整備されていたので、実用小型車としてはかなり売れたほうだろう。街で見かけることが多かった。パンダは今のチンクエチェントブームにつながる感じではある。

  • 売れまくった輸入車
  • 売れまくった輸入車
  • 売れまくった輸入車
  • 売れまくった輸入車
  • 売れまくった輸入車
  • 売れまくった輸入車
  • 売れまくった輸入車
  • 売れまくった輸入車
  • 売れまくった輸入車
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ