クルマ好き男子激萎え! いくらクルマに詳しくなくてもあり得ない同乗女子のエピソード10選

コラム WEB CARTOP

臭いやキズなどクルマにダメージを与える行為はNG!!

1)車内の楽しい雰囲気撃滅させるすぐ寝る女子

 せっかくのドライブなのに、「昨日の夜、遅かったから~」とか言ってすぐに寝てしまう女子。信頼してくれているのか? という見方もできるが、やっぱり、デートドライブは密閉された空間をふたりっきりで共有できるところがポイント。なのに、隣で寝ていられると、こっちはまるで運転手。 とくに、ドライブ帰りの渋滞で、断りもなく寝てしまう女子はパッセンジャー失格。眠くても、眠い目をこすりながらがんばって起きて、こちらが眠くならないように気づかってくれる子がかわいい~。

2)車内で化粧するのは許せても香水をつける女子

 ドライブが朝早く、車内でお化粧のフィニッシュをするぐらいなら許す。しかーし、車内で香水までつけられると大迷惑。車内に香りが残り、いろいろと問題を引き起こすことも。

3)どこかで乗った高級車の自慢、元彼のクルマの話をする女

 こちらがクルマ好きを自称していると、その興味を引こうとして、自慢気にかつて誰かの横に乗った高級車列伝的な話ばかりされると萎えます。とくに、こちらがフツーの国産車なのに、「元彼がポルシェに乗っててさ~」みたいな話をする子は、即刻退場。

4)指輪やバッグの金具でボディを引っかく女子

 別に悪気があるわけじゃなくても、指輪やハンドバッグの金具をボディにガリガリやる子はデリカシーなし。そんなことぐらいでガタガタする男は小さい……とでも思っているのかも知れないけれど、キズを直すのにどれだけの手間、費用がかかるかわかってるのか! と言いたい。

5)助手席でLINEなどスマホをいじってばかりの女子

 助手席で寝てしまう女子以上に腹が立ち、萎えるのが、LINEなどに夢中で、ずーっとスマホをいじっている女子。これはほぼ脈なしと思っていい。こっちのクルマをタクシー代わりにしているのだ。

車内飲食をダメとはいいませんが……

6)ちょっと飛ばしただけで怖がりすぎる女子

 ちょっと飛ばしただけで興奮し、きゃーきゃー歓び、うるさい子もなんですが、怖がりすぎる子はもっと問題。「私を乗せているんだから、もっと安全運転してよ! どーゆー神経してるのよ!」なんて上から目線で言うようなら、パートーナー失格。別の彼女を見つけよう。もちろん、誰かを乗せているときは安全運転第一で。

7)やたらボディタッチしてくる女子

 かつてのバブル時代、クルマに乗せると、夜昼かまわず、助手席からやたらボディタッチしてくる子がいた。最初はうれしく萌えたけど、実際、男として変に興奮し、運転に集中できない、危ない。大好き同士だからといって、走行中にキスするのもやめましょう。

8)ハンドクリームなどを付けたての手で車内をベタベタ触る女

 手荒れが気になる女子はハンドクリームを使いますよね。それを車内で、しかも手のひら側にもたっぷり付けられるとやっかい。その手でオーディオやエアコンのスイッチを触られるとベトベトに。そしてそのベトベトにホコリが付着。車内ではほどほどにしてください。

9)勢いよくドアを開けてドアをぶつける女子

 かつて、ボクの知り合いが高価な左ハンドルのスポーツカーを買い、まず乗せたのが彼女(当然だ)。が、クルマを路上パーキングに止め、降りるために彼女が思いっきりドアを開けた瞬間、ドアがカードレールにガッツン。新車を買ったその日に、である。ものすごくへこんだことは言うまでもない(早速、ボクのところに泣きの電話が入った)。 がさつな性格なのか、強風にあおられてなのかは不明だが、そんな事態を避けるには、本人の配慮が不可欠。やりそうな女子を乗せたのなら、キザと言われようが、ドアを開けてあげるべきでしょう。

10)車内で食べこぼしする女子

 車内で飲食しないで、とは言いません。でも、中身がボロボロ落ちやすい、中身ぎっしりなハンバーガーや、女子が大好きな皮が落ちやすいサクサクした、パイやミルフィーユのようなスイーツは食べないでいただきたい。シート、フロアが汚れるだけでなく、食べこぼしがダニの温床に。自動車内装クリーニング業者によれば、多くの車内にはダニが相当数、生息しているそう。あとでチクリと刺されて文句いわれても、困ります。

  • 同乗女子
  • 同乗女子
  • 同乗女子
  • 同乗女子
  • 同乗女子
  • 同乗女子
  • 同乗女子
  • 同乗女子
  • 同乗女子
  • 同乗女子
  • 同乗女子
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ