カローラひと筋30年のマニアライターが選出する歴代カローラTOP5!

コラム WEB CARTOP

時代に翻弄されつつもカローラらしさを体現したモデルを選出

 今年カローラセダン(アクシオ)とステーションワゴン(フィールダー)がフルモデルチェンジを実施し、国内では12代目が登場する予定となっている。1966年に初代が登場してから50年以上経過している。ここでは、歴代カローラを30年以上にわたって乗り継いでいる筆者の独断と偏見に基づいて歴代ベスト5を発表しよう。

第5位:11代目

 現行モデルとなる11代目カローラアクシオとフィールダーは、グローバルモデルと完全に独立したほぼ国内専売(香港などへ輸出している)モデルとなっている。5ナンバーサイズ維持のためもあり、デビュー前からヴィッツのプラットフォームをベースに開発されるという話が先行し、“ミスター・カローラ”を自称する筆者は内心穏やかではなかった。それならば、新興国で販売されているコンパクトセダン“ヴィオス”をそのまま日本でもカローラとして導入してもらったほうがいいとも考えていた。 ところが、実車を見た時にボディ全体から発せられるオーラを感じ取ってしまった。ヴィッツベースとはいうものの、よくここまでカローラらしく仕上げたものだと感心してしまったのである。10代目ではエンジンスタート時の音などが雑音に近いものであったが、11代目ではドアの開閉音も含めて、それなりに音の演出も行われていた。デビュー直後の前期モデルのあと、トヨタセーフティセンスを採用したビッグマイナーチェンジモデルに乗り換えたのだが、前期モデルで不満に思っていた細かい部分も見事に改良されていたところに、“カローライムズここにあり”とおおいに感動してしまった。

第4位:7代目

 ダッシュボードの“プニプニ感(セルシオ並みのソフトパッドを採用していた)”がとにかく印象的だったのが7代目。インパネセンター部がドライバーサイドに向いている“ドライバーオリエンテッド”の採用など、とにかくぜいたくというか、見た目品質では当時世界でも群を抜いていたトヨタの真骨頂とでもいうべき高い品質が特徴であったモデル。 前期モデルは父親が購入して家族で使っていたのだが、当時父親は“MTしか乗らない派”だったので、セールスマンも珍しがった5速MT仕様であった。その前乗っていた6代目も5速MTだったのだが、加速フィールがより自然になっていたのをいまも覚えている。グレードは1500SE-Lというファミリーグレードだったのだが(SE-Lはデビュー後すぐにSE-Limitedに改名されている。巷ではドイツのあの高級ブランドからクレームがきたという噂もたっていた)、5速MTで結構攻めて乗っていたので、知り合いからは“なんちゃって羊の皮を被った狼”みたいなことを言われていた。 後期モデルは愛車として自費で購入したのだが、諸般の事情で1300LXビジネスパッケージという、営業用仕様に乗っていた。1500はA系エンジンだったのだが、1300はよくまわるE系エンジンを搭載しているものの、ミッションはなんと3速ATだった。たまたま知り合いからもらった、大径タイヤと赤いホイールを装着していたので、GTと間違われて走り屋諸兄に追い掛けられて困ったこともいまは良い思い出である。

第3位:9代目

 それまでモデルが変わるたびに質感を上げてきたカローラだったが、9代目はバブル経済の崩壊の影響もあり、“コスト削減”というキーワードが車体から滲み出ているようなクルマだった。そのためセールスマンから代替えしないかといわれても断っていた。 しかし9代目はその姿とスペックを見た瞬間、一発で“これは買いだ”と思えるものとなっていたので、予約して購入した。いままでは1300㏄や1500㏄に乗っていたので、9代目では1800㏄を搭載した最上級グレードであるラグゼールを購入した。ボディカラーは元来シルバー系が好きなのだが、それでは完全に親父臭くなるので、ブラックマイカを選んだところ、周囲からは“これは何というクルマなの?”と聞かれるほど、カローラにしては存在感が出てしまった。 8代目は所有こそしなかったものの、出張先でレンタカーとして乗っていて“カローラもいよいよこれまでか”と思うような、追い込まれているイメージも伝わっていたが、9代目でプラットフォームが一新され、その思いは消え去った。とくに高速走行時の安定感が抜群に向上し、当時のトヨタ車のNVH性能は群を抜いていたこともあり、車内の静粛性も抜群であった。1800㏄は電子制御式4速ATを採用しており、1800㏄とは思えない燃費性能の高さも秀逸であった。

ジウジアーロがデザインに絡んだと噂されたモデルも

第2位:4代目

 筆者が運転免許を取得して初めてステアリングを握ったクルマということもあり、思い出深いモデルとなっている。オーソドックスな箱型スタイルなのだが、面構成がなんとも特徴的で、“ジウジアーロがデザインに絡んでいる”などという噂も立ったが、それは真実ではないようだが、それだけ当時の大衆車のなかではずば抜けた存在感を見せていた。 ボディバリエーションも、この代で最後となった2ドアセダンや、クーペ、ハードトップ、リフトバック、バンなど多彩なボディバリエーションも特徴的であった。前期モデルはカローラ史上最初で最後の丸四つ目のヘッドライトを採用。これは大昔には四つ目ヘッドライトの採用は高級車だけに許されたものであったので、その意味でも採用したと聞いている。 我が家は買い得グレードの1500GLを購入。間欠ワイパー、トランク&フューエルリッドオープナー、フロント分割式ヘッドレスト、フルドアトリムなど装備内容は充実していたが、唯一搭載エンジンが排ガス規制の最も厳しかったころのものでもあったので、エンジンの非力さが、運転初心者の筆者でもよくわかった。

第1位:6代目

 5代目でカローラ(セダン及び5ドアハッチバック)はモデル初となるFF方式を採用した。5代目はFF化という“大仕事”もあったのか、とくに前期モデルはカローラらしいゴージャス感が伝わってこなかった。というよりも、CMキャラクターに郷ひろみを採用していたので、すでにユーザー層の若返りをはかろうとしていたのかもしれない。結果的にマイナーチェンジで従来のゴージャス路線に戻ってしまった。 6代目の最大のトピックは1500㏄にハイメカツインカムを採用したことである。カローラというクルマは初代では当時の最新技術を惜しみなく採用しており、時として最新トレンドの技術を積極的に投入するクルマでもあるのだ。 我が家でも4代目のFRカローラセダンを下取りに入れ、グレーメタリックのSEリミテッドに代替えした。しかも4速ATではなく5速MTをチョイスした。それまでの4代目が4速MTだったので、当時大学生だった筆者は5速になっただけでもうれしかった。パワーステアリングにパワーウインドウ&パワードアロック、電動格納式ドアミラーと、充実装備にも大満足。当時はエアコンとオーディオはオプションだったので、予算の都合もありエアコンをマニュアルにして、カセットオーディオを装着した。 ひと足早くサニーが“トラッドサニー”を市場投入し、装備や見た目で5代目に差をつけていたが、6代目登場で一気に形勢逆転することとなった。 スーパーホワイトIIどボディカラー次第では、マルーン系(赤)の内装色が当時のクラウンやマークⅡと同じように組み合わされたのも高級イメージにひと役かっていた。 筆者はマイナーチェンジ後の特別仕様車1500XEサルーンリミテッドのスーパーホワイトIIを自費で購入した。中間グレードのXEをベースにタコメーター、パワーウインドウなどが特別装備されていた。デビュー当時はキャブレターを採用していたハイメカツインカムも、前期途中でEFI仕様が追加され、マイナーチェンジでEFIに統一された。筆者が乗っていたモデルは3速ATだったのが唯一気になる点だったものの、そんな不満を消し去るほど、ほかでの満足感が高いモデルであった。

  • カローラ
  • カローラ
  • カローラ
  • カローラ
  • カローラ
  • カローラ
  • カローラ
  • カローラ
  • カローラ
  • カローラ
  • カローラ
  • カローラ
  • カローラ
  • カローラ
  • カローラ
  • カローラ
  • カローラ
  • カローラ
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ