中古でぶつけて運転を覚えろは過去の話! 初心者に最適な200万円未満の現行国産車5台とは

コラム WEB CARTOP

安くて安全でクセのないクルマたち

1)ホンダ・フィット

 初心者に適したクルマの条件としては、以下のような内容が挙げられる。 ・ボディが比較的コンパクトで取りまわし性が良い ・視界が優れ、運転感覚にもクセがなくて扱いやすい ・安全装備の充実度が高く、安心して運転できる ・価格が求めやすく燃費も優れ、出費を抑えられる 以上の条件に合った車種として、小型車のなかでもっとも注目されるのがフィットだ。全長が4m以下のボディは、最小回転半径も4.7mに収まり、視界にも不満はないため運転しやすい。 1.3リッターエンジンは実用回転域の駆動力が高く、JC08モード燃費は24.6km/Lと良好。燃料タンクを前席の下に搭載したため、全高を立体駐車場が使いやすい高さに抑えながら、後席の居住性や荷物の積載性も優れている。 緊急自動ブレーキを作動できる安全装備は、ミリ波レーダーと単眼カメラを使うホンダセンシングのため性能が高い。車間距離を自動調節できるクルーズコントロールも備わり、長距離の移動も快適だ。このように内容を充実させて、価格は13G・Lホンダセンシングが165万3480円に収まる。

2)トヨタ・シエンタ

 多人数乗車や大きな荷物を積む必要があるユーザーには、コンパクトミニバンのシエンタを推奨する。3列のシートを装着しながら、全長は4300mm以下の5ナンバーサイズだ。 薄型燃料タンクの採用で床を低く抑えているため、3列目のシートに座っても、膝の持ち上がる窮屈な姿勢にならない。小さくてもミニバンの実用性は高い。 排気量が1.5リッターだから、JC08モード燃費はノーマルエンジンでも20.2km/Lと優れている。価格はXの7人乗りが181万6560円で、機能や装備に対して割安に抑えた。

イマドキの軽自動車なら安全装備も充実して初心者でも安心

3)スズキ・クロスビー

 流行のSUVが欲しい時は、クロスビーを検討したい。直線基調のボディはサイドウインドウの下端が少し低く抑えられ、前後左右ともに視界が良い。ヘッドランプを高い位置に装着しているため、フェンダーの上端が盛り上がり、これが視野に収まって車幅やボディの先端位置も分かりやすい。 全長は3760mmと短く、最小回転半径は4.7mだから、小回り性能も優れている。その一方で全高は1705mmと高めで、前後席ともに広い。後席を畳めば荷室が広がり、汚れを落としやすい仕上げのため、屋外で使ったテントなども気兼ねに積める。SUVの実用性も良好だ。 1リッターエンジンにはターボを装着して動力性能を1.5リッター並みに高め、価格はハイブリッドMX・2WDが176万5800円と割安だ。歩行者を検知できる緊急自動ブレーキを装着しても、180万円以下に収まる。

4)日産デイズ

 軽自動車では、2019年3月28日に発売された日産デイズを推奨する。ハイウェイスターXプロパイロットエティションは156万7080円で価格が少し高いが、ノーマルエンジンでも実用回転域の駆動力に余裕があるから運転しやすい。 歩行者を検知できる緊急自動ブレーキに加えて、運転支援機能も充実させた。全車速追従型クルーズコントロールも装着するため、作動中は車間距離が自動調節されて、ドライバーのペダル操作が軽減される。車線の中央を走れるよう、操舵の支援も行う。最小回転半径は4.5mに収まり、安全性、快適性、運転のしやすさをバランス良く向上させた。

5)ダイハツ・ミラトコット

 女性向けの軽自動車だが、実際に車両を見ると、外観がシンプルで性別を問わない雰囲気がある。水平基調のボディは視界が優れ、軽自動車だから最小回転半径も4.4mに収まる。車両重量は720kgと軽く、ノーマルエンジンでも動力性能に余裕がある。 注目すべきは安全装備で、歩行者も検知して緊急自動ブレーキを作動させるスマートアシストIII、衝突時に乗員を守るサイド&カーテンエアバッグ、夜間ドライブをサポートするバイビームLEDヘッドランプなどを全車に標準装着した。 価格は実用装備を充実させたX・SAIIIが122万400円になる。安全装備を充実させて、内装も上質に仕上げ、価格を割安に抑えた。

  • 初心者向けのクルマ
  • 初心者向けのクルマ
  • 初心者向けのクルマ
  • 初心者向けのクルマ
  • 初心者向けのクルマ
  • 初心者向けのクルマ
  • 初心者向けのクルマ
  • 初心者向けのクルマ
  • 初心者向けのクルマ
  • 初心者向けのクルマ
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ