世界中で大ヒット! SUVブームが衰えない3つの理由

コラム WEB CARTOP

世界的に売れているのは見た目の良さだけじゃない!

 世界中でクロスオーバーSUVがブームです。いや、短期的なブームという段階ではありません。すでに、大きなカテゴリーとして成長しています。国産ブランドでいうとマツダやスバルはクロスオーバーSUVがラインアップの中心となっていますし、ドイツ系ブランドでは標準的なSUVに加えてクーペルックなSUVも充実してきています。平成最後のクルマ(?)としてトヨタがRAV4を日本に再導入したことにもクロスオーバーSUV市場が拡大していることを感じさせます。 では、なぜにSUVは世界中で評価されているのでしょう。さまざまな理由が指摘されるでしょうが、ここでは3つの「グッドポイント」を人気の秘密としてピックアップしてみたいと思います。

1)着座位置の高さによる視界のよさ

 トヨタのランドクルーザーやランドローバーのモデルなどはクロスオーバーSUVというよりはクロスカントリー4WDと呼びたくなります。クロスオーバーSUVの厳密な分類はありませんが、乗用セダンのプラットフォームやボディを利用したSUVというのが大方の見方でしょう。かつては「ライトクロカン」などと呼ばれ、その元祖といえるのがトヨタRAV4やホンダCR-Vなのですが、ライトクロカンという名のとおり、クロスカントリー4WDよりは軽量で、エントリーグレードにはFWD(前輪駆動)を用意するなど、お財布にもやさしい設定となっているのはうれしいポイントです。 とはいえ、ハッチバックやセダンといった乗用モデルに比べると、SUVという付加価値のぶんだけお値段が高くなっているのも事実。それでもクロスオーバーSUVを選ぶユーザーが多いのは、着座位置も高くなっていることで運転しやすいというメリットが大きいからだといえます。 視界というのは物理的な要件によって変わってきます。高い場所に座っていれば遠くまで見渡せます。先読みがしやすくなると運転はスムースになりますし、視界が広いことは安心感にもつながります。ラフロードに行くわけでもないので、重装備のクロスカントリー4WDまではいらないというユーザーにとって、軽量で燃費のネガも少ないクロスオーバーSUVは「いい」選択なのです。

運転がしやすいのはSUVの真骨頂

2)大径タイヤによってカッコよく見える外観

 さらにポイントがあります。それはSUVらしいスタイルを実現するためにタイヤが大径となっている点です。子どもの描くクルマの絵を見るとわかるように、タイヤが大きいほうがクルマはかっこよく見える傾向にあります。クロスオーバーSUVは車高が高くなっていますが、ミニバンなどに比べると全高は高くありません。つまりボディはそれほど大きくないというわけです。 そこに大径タイヤを組み合わせると、踏ん張り感のあるシルエットになります。また、最低地上高があるため、タイヤとフェンダーのすき間がそれなりにあっても全体のバランスとしては気になりづらいというのもクロスオーバーSUVのメリット。とにかく「大径タイヤがカッコイイ」というのがふたつめのポイントです。

3)余裕のある最低地上高がもたらす走りやすさ

 最低地上高(ロードクリアランス)を稼いでいることは、現代のクルマにおいて取りまわしやすさにつながっています。衝突安全性のためにフロントオーバーハングが長くなり、空力改善のためにボディ下に各種のストレーキがついています。こうなると駐車場の出入口にある急なスロープや段差、輪止めなどでこすってしまうこともあります。 しかし、クロスオーバーSUVであれば最低地上高が多めにとられているため、そうしたボディと路面が干渉してしまうようなことはほとんどありません。樹脂などで作られているストレーキ類は、多少路面と干渉しても壊れることはないのですが、ガリガリ、ゴリゴリといった音は肝を冷やします。クロスオーバーSUVにすれば、そうしたイヤな音を聞かずに済むのです。 また、グローバルにいえば、ちょっと郊外に出ると未舗装路であったりすることも珍しくありません。また、キャンプ場などの施設でもラフロードを走行するケースはあり得ます。そうしたシチュエーションでも安心して運転することのできるクロスオーバーSUVは心強い愛車となってくれるのです。

  • SUV
  • SUV
  • SUV
  • SUV
  • SUV
  • SUV
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ