メジャーな兄に隠れた日陰の弟も! カーマニアですら思い出せないマイナー車4選

コラム WEB CARTOP

兄弟車よりも広々とした室内や高級感のあるつくりになっていた

 今ではトヨタが東京地区で「トヨタモビリティ東京」となり、全車種を取り扱うようになったように、販売チャンネルごとに取り扱い車種が違うということも少なくなりつつあるが、以前は販売チャンネル違いの兄弟車なども多く生まれていた。今回はそんな兄弟車を含む、記憶から薄れつつあるクルマをピックアップしたい。

1)日産バサラ

 オデッセイの競合車種として1998年に登場したプレサージュ。その兄弟車として1999年11月に登場したのがバサラだ。もともとプレサージュ自体が上級セダンから乗り換えても違和感がないように作られたモデルだったが、より堂々としたフロントマスクや上級セダンと同デザインのアルミホイールなどでより高級感のあるエクステリアとなっていた。 しかし、プレサージュも含めてオデッセイの牙城を崩すまでには至らず、2003年にプレサージュがフルモデルチェンジを行うタイミングでバサラはプレサージュに統合されてその姿を消している。

2)三菱シグマ

 三菱のアッパーミドルクラスモデルとして、当時このクラスでは珍しい前輪駆動(とそれをベースとした4WD)で登場したディアマンテ。そんなディアマンテは伸びやかなデザインが印象的なピラードハードトップであったが、そのセダン版としてリリースされたのがシグマだった。 全長、全幅はディアマンテと同一ながら、全高が25mm高められたセダンボディを持つシグマは、当然室内空間もディアマンテよりも広くなっていた。しかし、ディアマンテよりも地味なエクステリアや(これはマイナーチェンジでディアマンテと同じものになった)背の高いフォルムは専ら法人からの引き合いが中心となり、95年のフルモデルチェンジ時に消滅している。

不遇な生い立ちによって日の目を見なかったクルマも……

3)トヨタ・ブレビス

 ほぼ5ナンバーサイズのボディにクラウンに匹敵する、もしくはそれ以上の高級感溢れる装備を盛り込んだ小さな高級車、プログレ。当時はまだその価値が見いだされず、後継車種も登場していないが、今でも愛用するユーザーが少なくない隠れた名車だ。 そんなプログレの兄弟車として登場したのがブレビスだった。落ち着いた雰囲気のプログレに対してややアグレッシブな雰囲気を持たせたのがブレビスだったが、プログレから3年も遅れてデビューした上に、そのポジショニングも不明瞭だったためか、プログレとともに2007年で販売を終了している。

4)シボレー・オプトラ

 シボレーブランドにもかかわらず、日本ではスズキ販売店で販売されたというややこしい生い立ちのオプトラ。当時シボレーと提携していたスズキは、ゼネラルモーターズの世界戦略車であるこのオプトラを日本で販売していたのである。ちなみに北米市場ではスズキブランドからフォレンツァという名前で販売されていた。 日本ではセダンとワゴンが販売されていたが、セダンは1年で早々に消滅。ワゴンも2年で姿を消しており、街なかで見ることもほとんどない。しかしじつはエクステリアデザインをかの有名なピニンファリーナが手掛けており、2リッターエンジンを搭載する3ナンバーセダン/ワゴンとしては破格の170万円台からというリーズナブルな価格だった。

  • 旧車
  • 旧車
  • 旧車
  • 旧車
  • 旧車
  • 旧車
  • 旧車
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ