1リッターあたりの価格差なんと約18円! ガソリンの高い県と安い県ランキング

コラム WEB CARTOP

高いほうから3県はすべて九州

 エコカーや燃費性能が注目されるようになって久しいが、それは環境のためでもあり、ガソリン代が高いからでもある。9月10月の連休を控え、そのガソリン価格が気になるところなので、全国のガソリン価格を都道府県別に、安い県、高い県に分けてみてみよう。 経済産業省 資源エネルギー庁が2019年8月28日に発表した給油所小売価格調査によると、8月26日時点のレギュラーガソリンの全国平均価格は、143.5円/L。 都道府県別価格で安価だったのは、 1位 埼玉県 137.5円/L 2位 滋賀県 137.7円/L 3位 宮城県・石川県 138.7円/L 5位 茨城県 139.4円/L 以下、愛知県の139.5円/L、鳥取県の139.6円/L、千葉県の139.8円/Lが続く。 逆に高値だったのは、 1位 長崎県 155.4円/L 2位 鹿児島県 153.5円/L 3位 大分県 151.8円/L 4位 高知県 150.5円/L 5位 沖縄県 150.4円/L そして長野県の150.0円/Lまでが、150円/L以上だった。 このようにもっとも安かった埼玉県ともっとも高かった長崎県とでは、1リッターあたり17.9円もの違いがある。また、ガソリン価格の高い県の上位3件は、九州に集中。九州で一番安かった福岡県でも、145.9円/Lとなっている。

海のある県のほうが安いという定説は崩れる傾向

 地域ごとのガソリン価格の差は、製油所・油槽所からの距離と、地価、人件費、そして需要と供給、つまり価格競争の有無で決まる。 原油は海外からタンカーで日本に輸入され、港のそばの製油所でガソリンに精製される。そこから油槽所に運ばれ、タンクローリーで各地のガソリンスタンドへ。だから、港から遠い県=海のない県は、その輸送コストがかかるぶん、ガソリン代が高くなると言われているが、今回の調査で最安値だった埼玉県には海がない……。反対にワースト5位までの県には、いずれも海も港もあるので、やや定説が崩れてきたのかもしれない。 また、昨今全国各地でガソリンスタンドの廃業が目立っており、すでにピーク時の半分にまで激減している。そのためガソリンスタンドの密度も、都道府県ごとに開きがあり、そうしたことも価格に反映されてきているのだろう。 なお、全体としては5週連続の値下がりが続いており、世界的に経済成長が鈍化して、石油需要が低迷するという見通しから、今後も年内は原油価格が上がる気配はなさそうだ。

  • ガソリン価格の高い県と安い県
  • ガソリン価格の高い県と安い県
  • ガソリン価格の高い県と安い県
  • ガソリン価格の高い県と安い県
  • ガソリン価格の高い県と安い県
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ