最近スポーツモデルが続々4WD化するなか軽自動車には4WDスポーツが存在しないワケ

コラム WEB CARTOP

エンジンの力を有効に路面に伝えるには4WDが適している

 僕はといえば言わずと知れた4WD推奨派だ。ランサーエボリューション(通称ランエボ)はもとより遡れば三菱GTOも、R32からR34までの日産スカイラインGT-Rも4WDだからこそ存在価値があったはずだ。近年、スポーツモデルの馬力はますます高まる傾向にあり500馬力オーバーはもはや常識レベル。中には1000馬力以上、2000馬力モデルも企画されているというから驚く。 これほどの馬力を有効に路面に伝えるには4WDは不可避であり、4WDでもトラクションキャパシティは足りなくなっていて電子制御のトラクションコントロール(TC)に頼らざるをえない状況といえる。 では日本ではもっとも販売台数の多い軽自動車はどうなのか。スーパートールボディやトールワゴンが大人気で軽自動車販売の大多数を占めるなか、スズキのジムニーやハスラー、少し前なら三菱のパジェロ・ミニなどクロカン系SUVの軽も人気で4WDモデルは存在しているが、ことスポーツモデルとなると4WDモデルは皆無の状況だ。 現在軽のスポーツモデルと言えばホンダのS660やダイハツのコペンくらい。S660はミッドシップにエンジンを搭載し後輪を駆動するMRレイアウト。コペンはフロントエンジンの前輪駆動だ。どちらも2シーターオープンということでは共通しているが4WDはバリエーションに設定されていない。 軽スポーツが盛んだったのは1970年~1990年代。1970年に登場したホンダZ(俗称・水中メガネ)が先鞭をつけた。360ccの空冷エンジンを搭載し前輪を駆動するFFレイアウトモデルで人気を博したが1974年で生産を終了。 1998年に2代目が登場するが、こちらは660ccの企画になり水冷エンジンをミドシップに搭載して4輪を駆動する4WDメカニズムが採用されたが、スポーツカーではなく車高の高いSUVカテゴリーとして生まれ変わっていた。そして2002年には生産終了してしまう。 1971年~1976年まで生産されたスズキ・フロンテクーペも軽スポーツとして素晴らしい性能を披露していたが、リヤエンジンの後輪駆動というRRレイアウトだった。この後にはスズキ・カプチーノやマツダ・AZ-1など軽スポーツは登場しているが4WDスポーツといえるようなモデルは存在した例がない。その理由はどうしてだろうか。

軽自動車で重視されてきたのはスポーツ性より実用性と価格

 軽自動車はそもそも安くなくては意味がないと思われてきた。庶民の足として日本独自の発展を遂げてきたなかでスポーツ性より実用性と価格の安さが最重要視されてきたのだ。初代アルトが新車価格47万円に設定された時は大きな話題となった。 4WDシステムを採用すればトランスファーやデファレンシャルなどコストのかかるパーツを多く使用しなければならず、重量も増し燃費も悪化してしまう。現代でも軽自動車規格の自主規制化では660ccの排気量でターボを装着しても64馬力以下とされていて、高度な4WDシステムを必要とするほどの動力性能を持たされていないのだ。 唯一クロカン走行用の副変速機機能付きパートタイム4WDシステムはジムニーで継承されるが、ほとんどは雪道対応など生活用の4駆としてビスカスカップリングや電磁クラッチを採用するシンプルなオンデマンド4WDシステムを搭載するのが関の山といえる。 S-AWC(スーパーオールホイールコントロール)を提唱している三菱でさえ軽自動車にはAYCもACDも装着せず生活4駆のみの設定としているわけだ。ABS(アンチブレーキロックシステム)やTCが備われば軽自動車には十分という考えがメーカーにもユーザーにも浸透しており、それゆえ軽に4WDスポーツが存在しない理由になっている。 4WD推奨派の僕も、それで必要十分と考えていて都会に住んでいるなら2WDを選択するだろう。

  • 軽の4WDスポーツ
  • 軽の4WDスポーツ
  • 軽の4WDスポーツ
  • 軽の4WDスポーツ
  • 軽の4WDスポーツ
  • 軽の4WDスポーツ
  • 軽の4WDスポーツ
  • 軽の4WDスポーツ
  • 軽の4WDスポーツ
  • 軽の4WDスポーツ
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ