「軽なんてカッコ悪い」「壊れたら直せなきゃダメ」はホント? クルマ男子に対するイマドキ女子のホンネ4選

コラム WEB CARTOP

「男子たるもの、こうあるべし」のイメージは変化しつつある

 幼い頃を思い出すと、きっと多くの男性が親や先生からこう言われたことがあるのでは? 「男の子なんだから、◯◯しなさい!」遊んでる最中に転んだら、「男の子なんだから、ガマンしなさい!」とか、女の子を泣かせたら「男の子なんだから、女の子に優しくしなさい」などなど……。古きよき時代からの名残なのか、日本人のDNAに組み込まれているのか、どうも多くの人に「男子たるもの、こうあるべし」的な観念が植え付けられている気がしますよね。 それはもちろん、クルマに関することでもたくさん見受けられます。女性から見て、「クルマに乗る男子はこうあるべし」的なヤツですね。ただし、今では「草食男子」なんて言葉があり、それはそれで世間にも受け入れられているし、社会全体が少しずつジェンダーレスに対応してきたり、エコな暮らしがスマートという概念も強まってきて、今となっては「えっ、まだそんな風に思ってるの?」「それって都市伝説では?」なんて、女性たちの見方も変わってきていると感じます。なので今回は、クルマ男子たちの“思い込み”は今もその通りなの? それとも、違うのか? というところをハッキリさせたいと思います。

1)男のくせに軽自動車に乗るのはNG

 まずは、コレのせいで見栄張って予算オーバーのクルマを買った男子も多いかもしれない、「男のくせに軽自動車に乗るのはNG」という都市伝説。確かにバブル真っ只中に青春を送った女性たちは、軽自動車でナンパする男たちなんて見向きもしなかったと聞きます。金銭感覚が狂い、いいモノを浴びるように授かって目が肥えた女性たちが好むのは、ブランドの知名度やボディサイズだけでなく、値段はもちろん排気量がどれだけ大きいか、スピードがどれだけ速いか、周りの女たちからどれほど羨望の眼差しを向けられるか。そこがいちばんの勝負どころだったと言いますから、ま~、軽自動車は眼中にも入らないわけですよね。 しかし、時代は変わりました。軽自動車そのものの完成度、商品としての魅力が高まったというのもありますが、終身雇用や年金制度が崩れてまったくあてにできない時代に、万が一に備えてお金を少しでも蓄えておくのは当然のこと、という意識が若い世代にはデフォルトで備わっています。そんな観点から見ると、購入価格も維持費も格段に抑えられる軽自動車を選ぶのは、むしろ「賢い」と好印象。もし真剣にお付き合いしているような男性だったら「この人なら、結婚しても無駄遣いしなさそうだわ」と、旦那様候補としても魅力的に映ることでしょう。 ちなみにJAMA(日本自動車工業会)による2015年の「軽自動車の使用実態調査報告書」では、「若者は、自分なりの『アレンジ』や『スタイル』を表現できる車として、『軽には遊び心がある』と考えている。」という報告を公開しています。男性のみなさん、もう見栄を張らなくていいんですよ。堂々と「軽ですが、何か?」と言えばいいのです。

2)愛車が故障したら、ある程度は自分で直せないとダメ

 続いて、コレも未だに「できないと恥ずかしいかも」と重荷に感じている男性が多い、「愛車が故障したら、ある程度は自分で直せないとダメ」という都市伝説。まぁ確かに、昔のクルマは今のクルマと比べればメカニズムが単純だったし、ちょっと勉強したりマニュアル本を読んだりすれば、自分で直せるところも多かったと思います。たとえばカップルで遠出をした冬の高速道路で故障して、彼女には「寒いから中で待っててよ」なんて言いながらテキパキと修理してくれる男性はカッコいいものですね。 ただし、最近のクルマは電動化が進んで、素人がむやみに触ると危険! それに、道端や高速道路の路肩で修理するなんて、衝突などの二次被害を招く恐れもあるから絶対ダメ! クルマが故障したら、路肩などに停車して三角停止板を出し、乗っていた人は全員、ガードレールの内側などの安全な場所でレッカー車などの救助を待ちましょう。修理も、ディーラーや整備工場に持ち込み、ちゃんとプロにやってもらうほうが安心というものです。

危機意識がしっかりしていたほうが女子には好印象!

3)ガソリンをちびちび入れるなんてカッコ悪い!

 お次は、ガソリンをちびちび入れるなんてカッコ悪い! エンプティ寸前まで攻める方が男らしい! という都市伝説。いるんですよね~、エンプティランプがついても、まだまだ走るから平気だよ、なんて余裕かましてまったくガソリンスタンドに寄ろうとしない男性って。じつは、いつも行っているスタンドのポイントを貯めてるからそこまで持たそうとか、1円でも安いところで入れたいから様子を見てる、なんてスーパーケチケチ男なだけだったりするんですけどね。 確かに昔は、デートの最中にガソリンスタンドに寄ると、「なんで前もって満タンにしておかないの?」とかグチってる女性もいたことは事実です。お手洗いを借りたいと思っても、今のように女性用のトイレが広くてきれいなガソリンスタンドもあんまりなかったし、男女兼用のトイレに入るくらいなら、ガマンしたほうがマシって思うほどでしたからね。 でも、私たち女性も東日本大震災の時に学びました。「ガソリンは、入れられるうちに入れておかないと、いつ何が起こるかわからない」ということを。震災のあと、東京でもガソリンが売り切れで補充のトラックがまったく来なくなり、給油できない日々がありました。営業してるスタンドがあっても、ズラリと行列ができていたりね。数分後に大地震が起きて、車内で避難生活を送ることになるかもしれないから、エンプティランプがついたまま放置するなんてもってのほか。命を守るためにも、ある程度はガソリンを入れておいたほうが安心です。なので今は、遠出をしたら、すぐにその分を給油しておく、くらいの男性のほうが「危機意識がしっかりしてるんだな」と好印象なんですよ。

4)ヤンキー乗りは女子ウケが良く、カッコいい

 さて最後は、運転中に片手でハンドルを握るほうが女子ウケがいい、という都市伝説と、シートはなるべく後ろにして背もたれを寝かせたほうがカッコいい、という都市伝説です。俗に言う「ヤンキー乗り」というヤツで、左足の靴を脱いで、座面にのっけてしまっているヒドイ例もあるんですよね。未だに地方に行くと見ることが多いのですが、これはぶっちゃけ、どっちもNGです。シートが後ろ過ぎるから腕がめいっぱい伸びた状態でハンドルに手を添えているだけだし、足だって伸びきった状態でペダルにのせているだけという、そんな運転ポジションと姿勢では、いざという時にまったく危機回避操作ができません。ハンドルはしっかり切れないし、緊急ブレーキを踏もうにも足がペダルのいちばん奥まで届かないからです。 しかも背もたれを寝かせているので、ブレーキを奥まで踏もうとすると自分の身体が後ろに下がってしまうので、ぜんぜんダメですね。ただ、ヤンキー乗りをしていると、「運転に慣れているんだな」「リラックスしてるんだな」という印象は与えるので、それが女性にとって安心材料になることは確かだと思います。 とはいえ運転ポジションは両ヒジが「へ」の字に曲がるくらいの余裕をもって、ハンドルの9時と3時の位置を持ち、足はブレーキペダルをめいっぱい踏み込んでもヒザが軽く曲がる程度の位置に取るのが安全運転の第一歩です。その上で、リラックスした雰囲気を出せるようにするのが、新・女子ウケ抜群運転ポジションと覚えてくださいね。 というわけで、「男子たるもの、こうあるべし」という固定概念って、本当にいろいろありますが、時代が変われば見方も変わるものです。未だにこれらに縛られているクルマ男子の皆さん、少しはラクになっていただけたでしょうか。女性たちもぜひ、もっと声をあげて「それは都市伝説ですよ」と知らせてあげてくださいね。

  • クルマ男子に対する女子の本音
  • クルマ男子に対する女子の本音
  • クルマ男子に対する女子の本音
  • クルマ男子に対する女子の本音
  • クルマ男子に対する女子の本音
  • クルマ男子に対する女子の本音
  • クルマ男子に対する女子の本音
  • クルマ男子に対する女子の本音
  • クルマ男子に対する女子の本音
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ