そんなものに頼るならAT車に乗れ! めちゃめちゃ便利だけどつけて欲しくないMT車のお助け装備2つ

コラム WEB CARTOP

MTは難しい操作を習得することに価値がある!

 運転を補助してくれるハイテク系のデバイスは、安全運転やドライバーの疲労軽減効果、また加齢などによるドライバーの能力の低下を補ってくれる大変有効な装備としては素晴らしい。これらの装備によって多くのドライバーが助けられているのは間違いない。 しかし、運転技量を少しでも高めたい、クルマとの対話をより深めたいなどと願うクルマ好きや運転好きにとっては、これらに頼りすぎるのはいかがなものか? と思えるものであることも確かだ。あれば便利で助かる。だけど、これらに頼らず運転が上手くなりたいから要らない! と言いたくなる装備を2つ挙げてみた。

1)勝手にブリッピング

 MT車のなかには、シフトアップ/ダウン時に自動的にエンジン回転を合わせてくれる機能を備えたものがある。代表的なのは、現行型フェアレディZに採用されたシンクロレブコントロール、カローラスポーツのiMT(インテリジェント・マニュアル・トランスミッション)で、機能的には文句なしに便利。どんな状況でも正確、かつ精密にエンジンの回転合わせをしてくれる様子は、多くのMT派ドライバーも感動必至だ。MTの運転に自信のない初心者の後押しにもなるなど、MT市場の活性化への貢献も見逃せない。トヨタのiMTには「エンストしにくいMT」としての側面もあり、ベテランドライバーにとってもありがたく思えるものもある。サーキット走行時に使えば、これだけでタイムが上がる効果も得られるだろう。 だがしかし、これに頼り続けていると、MT派のドライバーとしては忸怩たる思いに苛まれるようになり、やがて「これならもはやMTでなく、ATで良い」と思ってしまう悲しさがある。やはり、シフトチェンジをスムースに行うことはMT運転の醍醐味のひとつだし、MT派のドライバーにとって、運転と向き合うための重要な場所でもあるので、それを奪われるのは悲しいのだ。

誰もが苦戦した坂道発進をイージーに

2)ヒルスタートアシスト

 坂道発進時、ブレーキを離した際にもブレーキをホールドしてクルマが後退することを防いでくれる便利な機能。MT車は坂道発進が面倒だから嫌、などと思ってMTを避けている人にもMT車購入の後押しとなるなど、大変効果的な装備だ。ベテランドライバーにとっても、勾配のキツイ坂道での渋滞時などは、これがあると大いに救われる。クラッチが重めのスポーツカーではなおさらだ。 蛇足ながら、筆者はその昔、デート中に坂道発進を盛大に失敗してエンストしてしまい、助手席に乗せた女子に「ダッサ」と言われてフラれた経験もあるので、あの時乗っていた愛車(初代WRX)にこの機能が備わっていれば……! といまだに悔やむこともある。 だかしかし、胸に手を当てて思い出して欲しい。まだ免許を持っていなかった頃、あるいは教習所に通っていた時代は、坂道発進をスムースに行えることは、ドライバーとして憧れのひとつではなかっただろうか? やはり、坂道発進をサラッとスムースに行えることもMT車運転の見せ場のひとつなので、ここは大事にしたいところ。また、車種によっては、ごくわずかな勾配など、アシストの必要のない場面でもブレーキをホールドするので、逆にそれが抵抗となりエンストしやすくなるという難点もあり、やはり不要と思ってしまう。ちなみに筆者の今の愛車(先代インプレッサG4)にはこの機能があるが、常時オフにしていても、ほぼ困ることはない。

  • 便利だけどつけて欲しくなかった機能
  • 便利だけどつけて欲しくなかった機能
  • 便利だけどつけて欲しくなかった機能
  • 便利だけどつけて欲しくなかった機能
  • 便利だけどつけて欲しくなかった機能
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ