RAV4以外は鳴かず飛ばず! プラグインハイブリッドが日本で売れないワケ

コラム WEB CARTOP

車両価格の高さが購入への第一関門か

 プラグインハイブリッド車(PHEV)は、ハイブリッド車(HV)に比べ駆動用バッテリーの搭載量を増やし、外部から充電できる機能を追加している。それによって、モーターだけでのEV走行を40~100kmほどできるようになる。ただし、HVに比べ車両価格が高くなる。 たとえばトヨタ・プリウスの場合、HVのプリウスのエントリーモデルの価格は260万8000円だが、PHEVのプリウスPHVのエントリーモデルは331万3000円と、約71万円高くなる。 SUV(スポーツ多目的車)のRAV4の4輪駆動車同士で比較してみても、HVの廉価な車種とPHEVのエントリーモデルを比較すると、こちらはグレードが異なるので装備に差があるかもしれないが、約124万円ほどの差額となる。 三菱自のSUVであるアウトランダーは、ガソリンエンジン車とPHEVとの比較になるが、もっとも廉価なグレード比較で、約130万円の差だ(ガソリン車も4WDで比較)。アウトランダーPHEVは2012年からの発売で、すでに8年の歳月を経ており、PHEVを選ぶ人が多い。しかし、一般的には車両価格の差からまだPHEVに手が出ない消費者は多いのではないか。

自宅に駐車している間に充電できないのは非常にもったいない

 加えて大きな課題となっているのが、集合住宅や貸し駐車場を利用する人には、充電できない場合が多いことである。自動車メーカーや輸入車のインポーターは、充電できなくても十分に優れた環境性能と走行性能が得られると説明するが、HVより高い金額を支払いながら充電できないのでは、バリュー・フォー・マネーの点でPHEVを購入する意味は損なわれる。 集合住宅では、管理組合の同意が得られないと駐車場に200Vのコンセントひとつ取り付けられない状況がある。その管理組合の協議も、「自分とは関係ない話だから反対」というような、無関心や無理解から実現しない例も多いと聞く。 貸し駐車場についても、土地の所有者の理解が得られなければコンセントの設置は難しい。また設置できたとしても、その電気利用料金の支払いなどを利用者が駐車代とともに支払うなど、清算方法を明確にしなければならない手間がある。200Vの普通充電器でも、カード決済を行える設備があるが、200Vのコンセントを設置するのに比べ設置費用が高くつく難点もある。 こうした国内特有の現状に対し、自動車メーカーや輸入車のインポーターが何か努力する姿勢があるわけでもなく、販売店や消費者任せであるため、PHEVに対する世間の認識も高まりにくい。電気自動車(EV)については、三菱自と日産が10年前から導入を図り、充電に関する努力も続けるが、まだ十分な成果が得られているわけではない。 この問題は、将来的により多くの自動車メーカーが取り組まなければならなくなるEVの販売動向にも関わる。放置すれば、いくら性能や価格の手ごろなEVを自動車メーカーが開発しても、売れないという事態に陥る懸念がある。結局、メーカーはしっぺ返しを食うことになるだろう。 そうならないためにも、エンジン車やHVを売ってきたやり方と違う時代がもうやって来ていることを、メーカーや自動車工業会など関係者が深く理解し、PHEVやEVを消費者が安心して購入できる市場づくりを早急に行わなければならない。

  • プラグインハイブリッドが普及しない理由
  • プラグインハイブリッドが普及しない理由
  • プラグインハイブリッドが普及しない理由
  • プラグインハイブリッドが普及しない理由
  • プラグインハイブリッドが普及しない理由
  • プラグインハイブリッドが普及しない理由
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ