トヨタ・シエンタが人気の理由とは? ファンベースやライバルのホンダ・フリードとの違いを解説

業界 WEB CARTOP

新車販売台数ランキングの上位にも入り込む人気ぶり

 トヨタの小型ミニバン、シエンタの初代モデルは5ナンバーサイズミニバンとして2003年に登場したが、2011年に一旦生産を終了した。しかし、5ナンバーサイズながら3列シートを備えた7人乗りの「ミニミニバン」を惜しむ声が上がり、翌年に販売を再開した経緯を持つ。2015年にデビューした2代目は、2020年上期における新車販売台数ランキング(乗用車)の6位にランクインするなど、そろそろフルモデルチェンジの噂が出てもおかしくないモデルレンジでありながらも健闘している。

シエンタが売れ続ける理由

 ミニバンのなかでも登録台数が多いシエンタ。ボディサイズは全長4235mm、全幅1695mm、全高1675mmとミニバンとしてはコンパクトな5ナンバーサイズで扱いやすい。唯一無二の特徴は全高を1700mm以下に抑えながら、これを超えるホンダ・フリードやトヨタ・ヴォクシー系3姉妹車などに負けない空間効率を実現させているところだ。 先代シエンタで開発された薄型燃料タンクは、3列目に座っても床と座面の間隔が十分に確保されて膝が持ち上がらず、着座姿勢に無理が生じない。3列目は2列目の下に格納できるため、荷室に変更した時の積載容量も大きい。全長と全高の視覚的なバランスも良いために人気を得た。この薄型燃料タンクを開発したのは、燃料タンクを前席の下に搭載して車内の後部を広げたホンダ・モビリオに対抗するためだった。ところがモビリオがフリードに変わると、燃料タンクを普通の配置に変更してしまった。 さらにシエンタが2018年のマイナーチェンジのタイミングで追加設定した2列シート仕様車が売り上げに貢献している。タクシー専用車である「JPNタクシー」のベースにもなっており、シエンタのハイブリッドモデルはタクシーとして使われるケースもある。2019年に入ってからタクシー需要が増えたことで販売増に大きく貢献した。 ほかにも、アルファードに付いているドアロック予約機能がベースグレード以外のグレードに標準装備されているところも人気の理由のひとつだ。キーを持ってドアに近づくことで、自動で開くスライドドアは子育てファミリーや重い荷物を積み込む際に助かる使いやすい装備だ。しかもシエンタはステップが地上からわずか330mmと低く、乗り込み口の段差もなくフラット。そのため子供はもちろん、ペットの乗り降りにも便利なこと間違いなしといえる。

ホンダ・フリードとの違い

 シエンタとフリードは、いまどきの日本国内の新車販売では珍しいガチンコ勝負で販売台数を競い合っている。燃費性能ではシエンタが優勢で、価格面でもシエンタの方が少し安価な設定。また、ボディカラーのバリエーションもシエンタは種類が豊富だ。また、フリードのベースグレードには6人乗りモデルしかないため、7人乗りモデルを選ぶ際にはグレードを上げなければならないなど、シエンタの方が選択肢の豊富さが際立っている。 自販連統計ではフリードがフルモデルチェンジして現行モデルとなり、フルカウントできる2017年から暦年(1月から12月)締めでの年間販売台数を比較すると、2017年はなんとフリードが7558台差(月販平均629台)をつけてシエンタに勝っていた。しかし、2018年にはシエンタが9927台(月販平均827台)差をつけてフリードに勝ち、2019年には2万5284台差(月販平均2107台)をつけてシエンタがフリードに勝っている。2020年上期にはシエンタが4万194台、フリードが3万8844台とわずかにシエンタがフリードを上回る結果となった。 シエンタは2018年に、フリードは2019年にマイナーチェンジを実施している。改良モデルの切り替え時には、一時的に販売台数が落ち込むのが一般的だが、2019年のフリードの“負けっぷり”は、それまでのデッドヒートのような状況とは一線を画している。

バリエーションの豊富さが人気のポイントとなっている

現行モデル(2代目)の特徴

 新型のボディ寸法は、全長を先代より約130mmストレッチした以外はほぼ先代モデルをキープした。これはフリードのディメンションに近づいたともいえる。トヨタの開発によると、モノコックボディには前半部にアクア、後半部にウィッシュのプラットフォームを用いているという。 パワートレインはライバルのフリードと同様、ガソリンとハイブリッドの2種類を用意する。ガソリンエンジンは先のカローラに初搭載された1.5リッター直4エンジン「2NR-FKE」を採用した(最高出力109馬力/6000rpm、最大トルク13.9kg-m/4400rpm)。アイドリングストップ機構「Stop&Start System」を全車に標準装備するなどし、JC08モード燃費は20.6km/Lをマークする。 インテリアは全て3列シート仕様で、2列目が3人掛けか2人掛けかで6人乗り仕様/7人乗り仕様を作り分けている。シエンタはガソリンタイプ、ハイブリッドタイプが6モデルずつ、ほかにも特別仕様車がいくつか用意されている。 ボディカラーは全8色を用意する。先代モデルからの継続色はブラックマイカのみで、そのほかのボディカラーはすべて新たに採用したカラーリングとなる。シエンタで新たに開発したエアーイエローをはじめ、ホワイトパールクリスタルシャインやシルバーメタリック、レッドマイカメタリック、ヴィンテージブラウンパールクリスタルシャイン、グリーンマイカメタリック、ブルーメタリックが設定されている。 各グレードの価格は以下の通り(全て税込)。

■ガソリン

 シエンタG Cuero(2WD/7人乗り)221万4000円、(4WD/6人乗り)235万8000円 シエンタG(2WD/7人乗り)209万8000円、(4WD/6人乗り)224万2000円 シエンタX(2WD/7人乗り)185万200円、(4WD/6人乗り)199万4300円 シエンタFUNBASE G Cuero(2WD/5人乗り)217万3000円 シエンタFUNBASE G(2WD/5人乗り)205万7000円 シエンタFUNBASE X(2WD/5人乗り)180万9500円

■ハイブリッド

 シエンタG Cuero(2WD/7人乗り)258万円 シエンタG(2WD/7人乗り)246万4000円 シエンタX(2WD/7人乗り)226万8200円 シエンタFUNBASE G Cuero(2WD/5人乗り)253万9000円 シエンタFUNBASE G(2WD/5人乗り)242万3000円 シエンタFUNBASE X(2WD/5人乗り)222万7500円

■特別仕様車

 シエンタG”Safety Edition”(ハイブリッド/2WD/7人乗り)256万2000円、(ガソリン/2WD/7人乗り)219万6000円、(ガソリン/4WD/6人乗り)234万円 シエンタFUNBASE G”Safety Edition”(ハイブリッド/2WD/5人乗り)252万1000円、(ガソリン/2WD/5人乗り)215万5000円 シエンタG“GLAMPER”(ハイブリッド/2WD/7人乗り)247万5000円、(ガソリン/2WD/7人乗り)210万9000円、(ガソリン/4WD/6人乗り)225万3000円 シエンタFUNBASE G“GLAMPER”(ハイブリッド/2WD/5人乗り)243万4000円、(ガソリン/2WD/5人乗り)206万8000円

シエンタハイブリッドも大人気

 ハイブリッドはアクア譲りの「1NZ-FXE+THS II」を採用する。JC08モード燃費は27.2km/Lと、ライバルのフリードハイブリッドを5.6km/L上回るなど、カタログスペックを見る限り、ライバルを相当意識した内容となっている。 ハイブリッドは2列目シートの足元にニッケル水素バッテリーを搭載(ガソリンタンクはガソリン車/ハイブリッドともに2列目シート床下)することで、荷室やインテリアを圧迫しないように配慮されている。

シエンタファンベースの特徴

 シエンタFUNBACE(ファンベース)とは、シエンタから3列目席を取り払った大容量ラゲッジを持つモデルだ。ラインアップには、アウトドアでより映える外装などを装備した特別仕様車のGLAMPER(グランパー)も用意されている。 ラゲッジルーム床面のボードは、ローデッキとハイデッキに切り替えることで、荷室の高さを変更することができる。ラゲッジ開口部の荷室フロア高はハイデッキでは610mmだが、ローデッキにすると530mmまで下げられるため、自転車やアウトドア用品などの重い荷物の出し入れもラクラクできるのが特徴だ。 また、ラゲッジスペースの床下に大容量の収納ボックスを設定している点も使いやすく、濡れたものや汚れた荷物などの収納に役立つ。ハイデッキ状態では後席をチルトダウン格納すれば、約1620mmもの長さになるフラットフロアが出現。ヘッドレストを逆付けすることで、約170cmのベッドスペースになるため仮眠程度の車中泊なら十分できる。シエンタファンベースのハイブリッドモデルならば、Gグレードのみだがフリード+のハイブリッドにはないAC100V/1500Wコンセントがオプション装備できる。アクセサリーカタログにあるアウトドアや車中泊用のアイテムの豊富さもポイントが高い。

  • トヨタ・シエンタが人気の理由
  • トヨタ・シエンタが人気の理由
  • トヨタ・シエンタが人気の理由
  • トヨタ・シエンタが人気の理由
  • トヨタ・シエンタが人気の理由
  • トヨタ・シエンタが人気の理由
  • トヨタ・シエンタが人気の理由
  • トヨタ・シエンタが人気の理由
  • トヨタ・シエンタが人気の理由
  • トヨタ・シエンタが人気の理由
  • トヨタ・シエンタが人気の理由
  • トヨタ・シエンタが人気の理由
  • トヨタ・シエンタが人気の理由
  • トヨタ・シエンタが人気の理由
関連サービス
中古車ランキング
中古バイクランキング
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ