俺は「ミニバン」なんて嫌だ! 走り好きの男が選ぶべき「奥さん」と揉めない「隠れ」スポーツモデル5選

コラム WEB CARTOP

ストップ&ゴーが多い市街地を走る人向けの装備も

 子供ができたらミニバンに乗るなんて、いったい誰が決めたんだ? 俺はずっとスポーツカーに乗りたい! 心のなかではそう反論したいのに、広い室内やスライドドア、豊富なシートアレンジに心をわしづかみにされた奥さまの前では、何も言えずあえなく撃沈しそうな男性の皆さん。 そうですよね、ミニバンじゃなくたって、子育てはできます。2シーターのスポーツカーはさすがに無理でも、各メーカーのモータースポーツ部門がチューニングしたスポーツモデルだったら、4ドアだし収納スペースだってちゃんとあるし、不満なくファミリーで使えるはずなんです。ただ、「スライドドアじゃないとダメ」と思っている奥さまに対して、そうじゃなくてもいいんだ、こっちだって魅力的なんだ、と納得してもらうだけの要素が必要です。 そこで今回は、正真正銘のスポーツモデルなのに、奥さまも納得できるだけの機能や装備があるクルマたちを厳選してご紹介したいと思います。

1)日産ノートe-POWER ニスモS

 まずは、ロングセラーのコンパクトカーに先進のパワートレインを搭載し、さらにモータースポーツの血統を注いだ名車、日産ノートe-POWER ニスモS。外観ではニスモらしく真紅のラインがエアロパーツなどに入り、テール径がφ85のエキゾーストテールエンドになっていて、さりげなく速そうな雰囲気を漂わせているんです。走っても、小排気量のエンジンを発電専用に搭載して、モーターで走る乗り味はスポーツカーそのもの。俊敏で軽快で、スタートダッシュは大排気量スポーツカーにも負けないほどです。でもこれこそが、奥さまにもすごく魅力的なポイント。 まず、モーターはアクセルオンと同時にフルトルクが出せるので、合流や追い越しなどでもモタモタせず、運転が上手くなったように感じるほどスムースに走れます。しかも、アクセルペダルだけで加速・減速のコントロールができ、ブレーキペダルへの踏み替え回数が減るモードが選べるので、それに慣れてくれば疲労感も激減。とくに、買い物や送り迎えなどストップ&ゴーが多い市街地を走ることが多い人こそ、恩恵が大きいということなんですね。 しかも、発電中以外はすごく静かで、車内の会話や音楽なんかもよく聴こえるし、燃費だって優秀。ってことは維持費もカットできるわけで、家計を預かる奥さまにも嬉しいことだらけですね。

2)スバル・レヴォーグSTI Sport

 次に、10月15日に発売となるスバルの新型レヴォーグから、STI Sportも奥さま納得のスポーツモデルです。日本の道を考えた取り回しの良さを備えつつ、室内もラゲッジもゆとりのあるステーションワゴンタイプなので、使い勝手は文句なし。しかも、STI Sportにしか装備されないZF製の電子制御ダンパーは、走りのレベルが格段にアップするだけでなく、後席の乗り心地も快適に。 また、コンフォート/ノーマル/スポーツ/スポーツプラスがスイッチで選べるドライブモードセレクトでは、コンフォートを選ぶとエアコンマイルドモードになり、車内の湿度を下げずに涼しくしてくれる、つまりお肌の乾燥を防いでくれるという、女性想いの機能があるのです。ラゲッジには、床下にスーパーマーケットのマイカゴが2つ収まるスペースも確保されているので、毎日の買い物にも便利。これなら奥さまもきっと承諾するでしょう。

走りを磨くために特別なチューニングを施したSUVも存在!

3)トヨタC-HR GR SPORT

 続いて、大人気SUVのスポーツモデルもなかなか捨てたもんじゃありません。ニュルブルクリンク24時間レースに参戦してまで、走りを磨きに磨いたSUVといえば、トヨタC-HRです。そのレースモデルさながらの走りが味わえるのが、C-HR GR SPORT。外観では大開口のアンダーグリルを備えたフロントバンパーがド迫力で、「GR SPORT」の専用エンブレムが気分を高めてくれますね。 そして見えないところでも、サスペンションや電動パワーステアリングのチューニングに加え、フロアトンネルにブレースを追加することでボディ剛性をアップ。カーブを曲がる時などのフラット感がしっかりあるんです。背の高いSUVだとちょっと怖いなと思う女性も多いので、そうしたチューニングは嬉しいですよね。 しかも、奥さまに響きそうなのはGR SPORT専用シート。これが、クッションがたっぷりしているし、身体のサポートもしっかりあるしで、通常のC-HRよりも座り心地と満足感がかなりアップ。シートにこだわる女性には、プレゼンしやすいのではと思います。

4)ホンダ・ヴェゼルハイブリッドModulo X

 そしてもう1台、SUVからはホンダ・ヴェゼルハイブリッドModulo X。若い世代からも人気のあるSUVのなかで、ホンダアクセスの匠たちがノウハウをつぎ込み、運転する人だけでなく同乗者も走りを楽しめる特別なチューニングを施したモデルです。なんと、開発には「ドリキン」こと土屋圭市さんが携わっているというから、サーキット走行だって得意なSUVというのも納得ですよね。 奥さまへのアピールポイントとしては、コンパクトクラスのSUVではピカイチの後席スペースをはじめ、ホンダ独自の低床技術でフラットかつ低いフロアを実現したラゲッジは、重い荷物も大きな荷物もしっかり入る実力派。ハイブリッドなので燃費もいいし、Modulo Xとして初めて、フロントシートを専用としていて、大きさもクッションもすごく贅沢になっています。座ればその差は一目瞭然、きっと気に入ってくれるのではないでしょうか。

5)スズキ・アルトワークス

 さて最後は、軽自動車からもオススメを。最近はスーパーハイトワゴン軽が人気ですが、スライドドアによる乗降性や天井の高さでは敵わないものの、室内の広さやラゲッジの広さでは、「そんなに悪くないね」と言ってもらえそうなスポーツモデルが、スズキ・アルトワークスです。 見た目はシンプルで、そんなに速そうには見えないかもしれませんが、90年代に全日本ラリー選手権で大暴れした元祖ヤンチャ系スポーツ軽の血統は受け継いでいます。最大トルクを100N・mまで引き上げたターボエンジンや、KYB製のショックを採用したしなやかな足まわりで、わずか670kgの超軽量ボディを振り回す楽しさといったら。 贅沢な装備はないですが、小回り抜群で狭い道でも運転しやすいし、燃費はいいし、AT免許でも運転できる5速AGSでもキビキビと走ってくれるし、奥さまもクルマの素の楽しさに目覚めてくれるかもしれないですね。 というわけで、コンパクトカー、SUV、軽自動車と、いろんなタイプのスポーツモデルから、奥さまに納得してもらえそうなポイントをご紹介しました。「子供が生まれたからって、運転する楽しさを諦めたくないぞ」と直球で訴えるよりも、きっと成功する確率は高いと思います。 ただし、もし奥さまが納得してくれたとしても、やっぱり子育てにおいてはミニバンより苦労する点が多々あるのは正直なところ。一緒に出かける際は、チャイルドシートのお世話を率先してやってあげるとか、重い荷物の出し入れを担当するとか、ママの負担を少しでも軽くするようサポートしてあげてほしいと思います。

  • 家族にオススメのスポーツモデル
  • 家族にオススメのスポーツモデル
  • 家族にオススメのスポーツモデル
  • 家族にオススメのスポーツモデル
  • 家族にオススメのスポーツモデル
  • 家族にオススメのスポーツモデル
  • 家族にオススメのスポーツモデル
  • 家族にオススメのスポーツモデル
  • 家族にオススメのスポーツモデル
  • 家族にオススメのスポーツモデル
  • 家族にオススメのスポーツモデル
関連サービス
中古車ランキング
中古バイクランキング
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ