「あおり」は論外だけど「後ろ」にも気遣いは重要! 後続車を「イラつかせる」運転8選

コラム WEB CARTOP

緊急事態ではないときのブレーキの多用はNG

 運転には本性が出るとよく言われます。確かに、運転が上手な人というのは、スピードを出す人のことでも、カーブを速く曲がる人のことでもないんです。ちゃんと周囲のクルマに配慮して、自分だけでなくみんなが気持ちよく走れるように運転する人のこと。それができず、マイペースな運転をしている人は、周囲が何かしらの迷惑をこうむっている場合があります。車線変更をした際に相手にブレーキを踏ませていたり、高速道路の右車線を遅く走って流れをせき止めていたり。 そんな運転は、自分の後ろを走るドライバーをイライラさせ、あおり運転などのトラブルの原因になりかねません。そこで今回は、あなたが後ろのドライバーに嫌な思いをさせていないか、8つのポイントでチェックしてみてほしいと思います。

1)緊急事態以外での急ブレーキ

 1つ目は、緊急事態でもないのに急ブレーキを踏むこと。よそ見をしていたりボーッとしていたり、前走車のブレーキランプ点灯や信号が変わったことなどに気づくのが遅れ、急ブレーキを踏むような人は、後続車にとってはそのたびにヒヤリとさせられ、迷惑です。 赤信号なのにギリギリまでアクセルを踏み続け、急ブレーキで止まるような人も、後続車を驚かせてしまいます。こういう人は、そもそも車間距離を詰めて運転していることも多いので、しっかりと車間距離をとり、前方をよく見て、スムースなブレーキをするように心がけましょう。

2)直線で頻繁にブレーキ

 2つ目は、前走車がちょっと減速しただけでもブレーキを踏むなど、なんでもない直線なのに頻繁にブレーキを踏むことです。これも車線変更が短い人に多いのですが、通常はアクセルペダルをゆるめる程度の減速で済むところを、毎回ブレーキを踏まれていては、後続車はそのたびに「なんだなんだ?」と不安になり、迷惑です。アクセルペダルはスイッチではありません。微妙な踏み加減でなめらかな加速・減速がコントロールできるように練習し、車間距離をしっかりとって走りましょう。

3)極端に遅い速度で走り続ける

 3つ目は、交通の流れについていかず、極端に遅い速度で走って後続車をせき止めること。もちろん、病人や怪我人を乗せているなど、事情がある場合は仕方ありませんが、そうでないのに、たとえば片側二車線の幹線道路の右車線を20〜30km/hで走り続けるなど、明らかに流れをせき止めて走るのは後続車をイライラさせます。もし何か事情があってゆっくり走る場合は、なるべく左車線を走りましょう。

4)急な車線変更

 4つ目は、急な車線変更をすること。ウインカーも出さずに入ってくるなんて言語道断ですが、1回点滅くらいで急に前に車線変更してくるクルマも大迷惑です。後続車はそのせいで急ブレーキを踏むことになり、その後ろ、そのまた後ろのドライバーまでブレーキが連鎖して、1人の勝手な運転のせいで渋滞の原因になることもあります。 車線変更をする際は、まず十分なスペースがあることを確認し、ウインカーを出して後続車のドライバーが「入ってくるな」と心づもりができるくらい、数秒間の余裕を持ったり、もしアイコンタクトできる状況なら手を挙げて合図したり、ちゃんと双方が安心してから入るようにするといいですね。

何度も車線変更したり無理やり前に入るのも危険な行為だ

5)後ろが空いているのに無理やり車線変更する

 5つ目は、後ろがガラガラなのに無理やり前に車線変更してくること。これこそ自分勝手、マイペース運転をしている証拠です。道路の流れをちゃんと確認していれば、1台をやり過ごしてからガラガラに空いているスペースに、安全に車線変更ができるはずなのです。またこれは、トラックやバス、軽自動車など、自分より遅そうなクルマに対してやる人が多い傾向があります。 でも、そんなに無理をして危険な思いをさせて前に入る意味はほとんどありません。1台くらい前に出たって、到着時刻は5分も変わらないんです。5分ケチったせいで事故を起こしたりしたら、それこそ取り返しがつきません。急がず焦らず、安全第一で運転しましょう。

6)車線変更を繰り返す

 6つ目は、何度も何度も車線変更を繰り返し、出たり入ったりすること。片側二車線の幹線道路や高速道路などで、流れが遅かったり混雑している状況でやりがちな運転なんですが、これも後続車は大迷惑。前走車が頻繁に変わるというのは、それだけ気を使い、ストレスになるものです。 ”隣の芝は青い”じゃないですが、なぜか隣の車線の方が流れているような気がしてしまうものですよね。でもこれも、合流車線があったり出口があったりその区間の状況でかなり変わるので、トータルで考えればそんなに速さは変わらないことが多いのです。ドンと構えて、落ち着いて運転しましょう。

7)好天時にリヤフォグランプを点灯させる

 7つ目は、濃霧でも悪天候でもないのにリヤフォグランプ(バックフォグランプ)を点灯すること。リヤフォグは本来、数十メートル先の視界も遮られるような状況で、後続車に自車の存在を知らせるためのもの。それを、通常の夜間に点灯して走っていると、後続車には目が痛くなるほど強烈な光が照射され、運転に支障が出てしまいます。リヤフォグのスイッチとは知らずに、間違って点灯している人もいるので、自分のクルマに装着されているかどうかも含め、今一度スイッチを確認しましょう。

8)高速走行中にウォッシャー液を出す

 8つ目は、高速道路などで走行中にガラスウォッシャー液を出すこと。フロントガラスが汚れていると、西日が当たったりした時に視界が悪くなって危険なので、ウォッシャー液を出してきれいにしたい気持ちはわかります。ただ、本来それは高速道路に入る前に、しっかり確認してきれいにしておくべきです。 走行中にやられると、後続車にはいきなりバシャッと飛沫が飛んできて、とてもイヤな気持ちになるものです。視界が悪いのにガマンしてまでやめましょうとは言いませんが、一般道であれば信号待ちの合間など、できれば停車中にウォッシャー液を使うのが、後続車に嫌がられないマナーです。 ということで、8つのポイントをご紹介しましたが、皆さんの運転はいかがでしたか? 1つでも当てはまるものがある場合は、後続車から「なんだあのクルマ」と思われている可能性大。すぐにでもあらためたいものです。ドライバーひとりひとりが、後ろのクルマにも配慮しながら運転すれば、みんなが気持ちよく走れますね。そうした小さな気遣いの積み重ねから、交通事故ゼロ、ストレスゼロのクルマ社会が実現することを願っています。

  • 後続車に嫌がられる運転
  • 後続車に嫌がられる運転
  • 後続車に嫌がられる運転
  • 後続車に嫌がられる運転
  • 後続車に嫌がられる運転
  • 後続車に嫌がられる運転
  • 後続車に嫌がられる運転
  • 後続車に嫌がられる運転
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ