引退後は何をしている? レーシングドライバーが語る往年の「スター」達の「いま」と大切な「役割」

モータースポーツ WEB CARTOP

創成期に活躍したレジェンドドライバーはいま80歳前後に

 日本のモータースポーツの歴史はどれほどだろうか。ウィキペディアなどで調べてみると、1922年に「第一回日本自動車レース」なるものが開催されたと書かれている。1936年には東京都と神奈川の県境を流れる多摩川の河川敷に「多摩川スピードウェイ」がオープンしたそうだ。これらは第二次世界大戦以前の年代であり、かなり古い時代からモータースポーツに取り組む人たちがいたようだ。 戦後になると「小型自動車競走法」なる法律が制定されるが、これはオートレースなど勝者投票券を販売するいわゆる賭けごとに類する競争を規制するもの。現代のモータースポーツとは異なる視点から取り決められている。 1960年代には、ホンダが1962年に鈴鹿サーキットを開設。翌1963年に「第一回日本グランプリ」を開催した。そして1965年には船橋サーキット、1966年に富士スピードウェイがオープンするなど、欧米スタイルのカーレースがモータースポーツの形態として定着するようになる。 トヨタや日産、ホンダなど自動車メーカー各社が積極的に自動車レースに参戦するようになり、メーカー契約としてレーサーを雇い入れ「花形レーサー」として多くのモータースポーツファンの憧れとなった。 この時期が日本のモータースポーツ創世拡大期と考えれば、当時20代で活躍していた花形レーサー達も今は80代前後になっている。彼らはその後、どのような生活を送っているのだろうか。かくいう僕も60歳の還暦を過ぎ、こうしたレジェンドドライバーたちの仲間入りをさせていただける年代となった。 F3000やグループC、グループAなど、さまざまなカテゴリーで活躍していたのは40歳まで。その後は自動車メーカーやタイヤメーカーのテストドライバーとして活動。またプロレーサーとして活動する以前からモータージャーナリズムの世界でも車両評価や執筆活動を行ってきたので、現役当時は「二足のわらじを履く」ドライバーとして忌み嫌われたものだ。レーサーはレースだけに専念し、勝てなかったらさっさと身を引く。そんな考え方が美徳とされていた時代だったから、僕のようにレース以外でも活動の場をもつ者に対しては厳しい環境だったわけだ。

多くはチーム監督や事業経営でいまも活躍中だ

 創成期に花形レーサーとして活動していたプロドライバーは、もともと裕福な家庭の御曹司であったり、その人脈や社会的信用度の高さと運転技能を嘱望されメーカーの契約を勝ち取れた者、オートバイレースから命がけで勝者となり続け、叩き上げとして自動車メーカーからスカウトされた者などさまざまだ。 直接面識はないのだが、トヨタ自動車の契約レーサーで1969年に25歳の若さで壮絶な事故死を遂げた故・福沢幸雄氏は、フランス・パリ生まれでファンションモデルもする程のハンサムガイとして知られた。慶応義塾大学創設者で一万円札に肖像が描かれている「福沢諭吉」の曾孫でもあった。その華麗な経歴に多くのレースファンが憧れたものだ。 ほかにも故・川合 稔氏や見崎清志氏などハンサムなレーサーを多く抱えたトヨタ自動車に対して、日産自動車は2輪からの叩き上げで陣容を組んでいた。高橋国光氏や通称ガンさんこと黒澤元治氏、北野 元氏、長谷見昌弘氏など現在も多くのファンを持つ人気の高いレーサーが多い。 そんな彼らも現在は70〜80代。現役時代の活躍と人間的な評価の高さから、今でもSUPER GTなどプロレースチームの監督を務めたりチームオーナーとして活動されたりしている。 なかにはレーサーを引退し、事業に専念して起業家となり成功を収めているレジェンドドライバーも多い。自動車レースに傾注し、心血を注いだ努力を事業経営に活かせれば成功しないはずがない。自動車レースでの成功者は、無事生き残ることができれば老後の第二の人生も満ち足りたものにできるはずなのだ。 かく言う僕はというと、「花形」な時代は短かったものの、テストドライバーとしてのキャリアは現在もまだ続けることができていて、今はこのようにさまざまな記事をリポートして恵まれた生活を送っている。ただ、ほかの方々と違うのは「引退宣言」をしていないこと、だ。今でもチャンスがあればレースに復帰するつもりでいる。 トヨタ自動車の花形レーサーで、74歳となった今も現役でレース活動を続けている見崎清志氏。見崎さんが口癖のように発していた「F1に乗るまで辞めない」という台詞が大好きで、ずいぶん勇気をいただいた。だから僕も「クラシックF1でモナコGP」に出場するまで現役を続けると公言しているのだ。 われわれ以前の世代がいかに充実したレーサーとしての老後を送れるか。その姿を見せ続ける事で現役世代にもモータースポーツに自信をもって傾注し人生を捧げる勇気を授けられるはずなのだ。

  • 往年のレーサーの老後とは
  • 往年のレーサーの老後とは
  • 往年のレーサーの老後とは
  • 往年のレーサーの老後とは
  • 往年のレーサーの老後とは
  • 往年のレーサーの老後とは
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ