かつての「鉄板」は通用しない! 女子が望む今どき「デートカー」事情とは

コラム WEB CARTOP

クルマを「もって」なくても問題なし!

「デートカー」という呼び名そのものに、ちょっと昭和のかおりがするかもしれませんが、それもそのはず。バルブ景気で日本中が活気にあふれていた1980年代半ばから1990年代前半にかけて、若い男性たちが憧れ、手に入れた男性たちには女性が群がり、助手席を奪い合ったクルマがいつしか「デートカー」と呼ばれるようになったのです。 代表的なクルマといえば、ホンダの2代目プレリュード、トヨタの2代目ソアラ、日産のS13シルビアの3台。どれも2ドアクーペタイプのボディに、当時としては先進のパワートレインやシャシーを搭載し、軽量ボディでスポーティな走りを実現していた、スペシャリティカーとも呼ばれたモデルたちでした。 ただ、今思えばこれらのデートカーは、持ち主の男性たちが自分の存在をアピールするため、羨望の眼差しを受けて気分良くなるための演出、小道具だったように思えてなりません。男性たちは、町中にいい音を響かせて周囲の気を引き、「俺のクルマ、カッコいいだろ? オレのオンナ、美人だろ?」と見せつけ、実際にそれがものすごく羨ましく思えた、いい意味で単純でわかりやすい時代だったのだと思います。 でも時代は移り変わり、これだけジェンターフリーやLGBTの尊重が叫ばれる世の中ですから、当時のようなデートカーが廃れたのは当然かもしれないですね。ただ、今も昔も、カップルが楽しい時間を過ごすために、クルマが重要な役割を果たしてくれるという事実は変わりません。そこで今回は、最新のデートカーってどんなクルマ? どんな要素が求められるのか? といった条件をご紹介したいと思います。 まず今の若者たちは、相手に必ずしも「クルマを所有している」ことを求めているわけではありません。それが親のクルマだろうが、カーシェアやレンタカーだろうが、出どころはそれほど重要じゃないのです。これは今の時代、クルマを持っているからといって、お金持ちだったり高収入だったり、という証明にはならないし、むしろ使いたいときだけカーシェアのクルマを使う方が効率がよいとか、賢いお金の使い方をしている、という評価になる場合もあります。 では、何を重視しているのかといえば、「どれだけ自分をもてなしてくれるか。快適にしてくれるか」と、「荷物がたくさん積めたり、車内で着替えができたり、いろんなシーンで便利に楽しめるクルマかどうか」に尽きます。加えて、「燃費がよくて経費が安く済むこと」がクリアできたらさらに優秀なデートカーということになるでしょう。この点でまず、車高が低くて乗り降りは大変、乗り心地は悪い、うるさい、景色はよく見えない、燃費もイマイチ、といったスポーツカーは速攻で落第。まれに、オープンカーは好きという若者もいますが、荷物がたくさん積めないことがネックとなってしまいそうですね。

自然体で乗れるクルマが現代デートカーの条件に!

 カテゴリー別に見ていくと、まず最新のデートカーとして人気なのは、アウトドアブームの盛り上がりも手伝って、軽クロスオーバーSUV。スズキ・ハスラー、ジムニー、ダイハツ・タフトといったモデルたちです。どれも、雪道やオフロードも安心して走れるので、海へ山へとアクティブに出かけるカップルにぴったりですね。 次に、スーパーハイトワゴン軽も意外やデートカーとして人気。ホンダN-BOXやダイハツ・タントのカスタムデザインなら、見た目に生活臭がなく、ちょっとワルなイメージもあって若者にも似合います。シートアレンジが多彩で広い室内なので、景色のいい場所でシートをフラットにしてゴロゴロしたり、車中泊で星を見たり、ロマンチックな時間が過ごせそうですね。 続いて、ちょっとリッチな若者にはラグジュアリーミニバンもデートカーとして好まれています。トヨタ・アルファード/ヴェルファイア、日産エルグランド、ホンダ・オデッセイといったモデルたちですね。肉厚シートでオットマンが付いていたり、ファーストクラスのような座り心地が2人をリラックスさせてくれます。ハイブリッドモデルもあるので、意外に燃費も悪くないのがいいところ。ただし、あんまり快適におもてなしをしすぎると、昭和の「アッシーくん」のように都合よく送り迎えをさせられてしまうかもしれないので、要注意です。 そして、やっぱり今をときめく憧れのデートカーといえば、プレミアムSUV。とくにトヨタ・ハリアーは、婚活にも威力を発揮するという噂が。なんでも、意中の女性の両親が「ハリアーに乗っているなら娘を預けて安心」だと思うクルマの筆頭に挙がっているそうですよ。 というわけで、デート費用は男性が出すのが当たり前、といった常識も今では薄れているように、昔とはずいぶん「デートカー」に求められる要素も変わりました。男性は無免許で、女性が運転を担当するというカップルも珍しくない時代です。決して無理せず、自然体で乗れるクルマというのも、現代のデートカーの条件かもしれませんね。

  • 最新デートカー事情
  • 最新デートカー事情
  • 最新デートカー事情
  • 最新デートカー事情
  • 最新デートカー事情
  • 最新デートカー事情
  • 最新デートカー事情
  • 最新デートカー事情
  • 最新デートカー事情
  • 最新デートカー事情
  • 最新デートカー事情
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ