忘れると「取り返しがつかない」ダメージになることも! 洗車で忘れがちな「クルマの細部」4選+α

コラム WEB CARTOP

普段は目立たないところに汚れが溜まりやすい

 洗車というと、ボディ全体をザッと洗っておしまいという人も多いのではないだろうか。最近のクルマは塗装の質もよくなっているので、それでも問題ないが、細かい部分が重要というのも事実。美は細部に宿るという言葉のように見た目はもちろんのこと、じつは洗車時に汚れを落としておかないとダメージが残ってしまう部分もあるのだ。今回はそんな重要ポイントを紹介しよう。

1)フェンダーの裏

 フェンダーの裏と言っても、外して洗えというわけではなく、ホイールハウスの隅といったほうがいいだろう。ホイールハウス内にはインナーフェンダーとして、樹脂で作られたカバーが付いている。一部車種では騒音防止のために毛羽が立っているものもあるが、いずれにしてもぴっちりと覆っているわけではなく、すき間などがある。そこにタイヤから跳ね上げられた泥などが溜まっていることが多い。 放置するとボディの腐食にもつながりかねないし、実際某メーカーのクルマは錆びやすかったりする。洗車のときに気をつけて見て、汚れを取り除くようにしよう。

2)ドアミラーの下

 洗車を自分でする人は体験したことがあると思うが、すべて拭き上げて完了と思いきや、水が流れ出ることが多い。ライトまわりなど、要はすき間に水が入り込みやすい部分なのだが、内部に溜まった汚れも流れ出てくるので、とりあえずみっともない。さらに放置しているスジ状に跡がついてしまい、なかなか落ちなくなってしまうので要注意だ。

形状が複雑な部分や塗装の汚れは定期的に洗いたい

3)ウォッシャーノズルのまわり

 こちらの原因はウォッシャー液で、アルコールが主成分とはいえ、ボンネット上に噴射跡が残ることがある。厳密に言うと、塗装にシミが付いている状態なので、洗車時は重点的にシャンプーをかけ、場合によっては水アカ落としを使って、定期的に取り除いておくようにする。放置してダメージが塗装内部に浸透すると磨いても落ちなくなってしまう。

4)給油口のまわり

 開けられるところはすべて開ける、というのは洗車の鉄則。ドアやボンネット、リヤハッチなどは開けるが、忘れがちなのが給油口。ここもフタを開けて、しっかりと汚れを取り除いておきたい。やっていないクルマを見るとわかるのだが、空力の関係なのか、砂や泥がかなり溜まっていることが多く、放置しているとかなり落としづらくなるし、フタを開けた状態というのは形状が複雑で、溜まった汚れは非常に落としにくい。というか、至難のワザだ。フタを開けて、スポンジでシャンプーをかけて、水で流すだけでいいので、固着する前に落としておこう。

番外 オープンカーの水抜き

 過去モデルも含めて、一部のオープンカーは水抜きの穴が開いていて、そこが詰まってしまうことがある。たとえば現行のロードスターにも車内からアクセルするフィルターが設置されていて、定期的に清掃するように指示がある。過去のクルマで見ていると、水抜きが詰まって水が溢れ出して周囲が腐食することがあるので、注意が必要だ。洗車のついでに見ておこう。

  • 洗車で忘れがちな痛みやすいところ
  • 洗車で忘れがちな痛みやすいところ
  • 洗車で忘れがちな痛みやすいところ
  • 洗車で忘れがちな痛みやすいところ
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ